はじめまして
04-17-2017 10:06 PM   
#1

はじめまして。
しばらくROMしておりましたが、登録させていただきました。
ビンディングデビューしたてのロード初心者です。
休みのほとんどは子守り要員なのでなかなか乗りに出られませんが、
埼玉近辺のコースの初心者目線レビューなどでいずれお役に立てれば
と思っています。
折り畳み自転車→ミニベロ→ロードとへそ曲がりな自転車遍歴です。
フレーム・パーツを語れるほどの見識は持ち合わせておりませんし、
平地30キロ巡行もしんどい鈍足ですが、なにとぞ宜しくお願いします。

お名前: rihe
自転車歴: 10年くらい(5年のブランクあり)
居住地: 埼玉県
よく走る場所: 越生・秩父方面
自転車の楽しみ方: 下りを楽しむために、坂を上る
メインの自転車: ROYAL NORTON STANDARD ROAD
カイセイ022 ラグレス

その他の所有自転車: ROYAL NORTON MINIVELO
パーツはブルーノミニベロからの移し替え

自転車以外の趣味: 野球など



ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
04-18-2017 10:04 AM   
#2

riheさんこんにちは、CBN Bike Forumsへようこそ!
どちらもすごくきれいな自転車ですねー。恥ずかしながらロイヤルノートンのことを初めて知りました。のんびり乗るのが楽しそうな自転車ですね。

これからもお気軽に遊びにいらしてください。宜しくお願い致しますm(__)m


04-19-2017 08:33 PM   
#3

riheさんはじめまして!

ノートン・・・いい感じの2台ですねぇ!
Royal norton というと卸問屋のノートン自転車工業のブランドで、長い歴史があります。問屋ブランドと言えば最近ではホダカが手がけるKhodaaBloomをよく見かけるようになりま​した。

高校時代の私が勝手に抱いたRoyal nortonのイメージは、気品のある大人の自転車、でした。何と言ってもRoyalですから。そういうイメージというのは何年経っても脳裏に残り続けるらしく、昔と変わ​らぬ造形の小径車をCBNで拝見してしまうと、嬉しくなってしまいます。スチール自転車には永遠性というか、不思議な力を感じますねぇ。。。

riheさんのロードはフォークの曲げがきれいです。また、シートピンがシート・トップのセンターからやや上に離れた位置につけられており、ラグレスの美しさを際立たせて​いますね。意匠性を感じさせます。これはかつて私がケルビムの小径車をラグレスで作ったときにかなり意識した部分です。

画像は、Royal nortonに敬意を表して、歴史資料として1977年10月のニューサイクリング誌から再掲させていただきました。細部の仕上げが抜群に美しいフレームです。ほとんど無​敵。



ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
04-19-2017 11:12 PM   
#4

(04-18-2017 10:04 AM)ManInside さんは次のように書きました:  riheさんこんにちは、CBN Bike Forumsへようこそ!
どちらもすごくきれいな自転車ですねー。恥ずかしながらロイヤルノートンのことを初めて知りました。のんびり乗るのが楽しそうな自転車ですね。

これからもお気軽に遊びにいらしてください。宜しくお願い致しますm(__)m

返信ありがとうございます。
宝の持ち腐れとならないよう、たくさん乗って行きたいものです。
ロイヤルノートンは、ロードというよりはツーリング車などで使っている方が
多いようです。
細かい要望も聞いてくれるようで、また価格もオーダーフレームとしては
比較的手ごろです。
他の自転車と乗り比べる機会があれば、レビューさせていただきたいと思います。
こちらこそ、今後も宜しくお願い致します。


04-19-2017 11:49 PM   
#5

(04-19-2017 08:33 PM)守衛のおじさん さんは次のように書きました:  riheさんはじめまして!

ノートン・・・いい感じの2台ですねぇ!
Royal norton というと卸問屋のノートン自転車工業のブランドで、長い歴史があります。問屋ブランドと言えば最近ではホダカが手がけるKhodaaBloomをよく見かけるようになりま​した。

高校時代の私が勝手に抱いたRoyal nortonのイメージは、気品のある大人の自転車、でした。何と言ってもRoyalですから。そういうイメージというのは何年経っても脳裏に残り続けるらしく、昔と変わ​らぬ造形の小径車をCBNで拝見してしまうと、嬉しくなってしまいます。スチール自転車には永遠性というか、不思議な力を感じますねぇ。。。

riheさんのロードはフォークの曲げがきれいです。また、シートピンがシート・トップのセンターからやや上に離れた位置につけられており、ラグレスの美しさを際立たせて​いますね。意匠性を感じさせます。これはかつて私がケルビムの小径車をラグレスで作ったときにかなり意識した部分です。

画像は、Royal nortonに敬意を表して、歴史資料として1977年10月のニューサイクリング誌から再掲させていただきました。細部の仕上げが抜群に美しいフレームです。ほとんど無​敵。

返信ありがとうございます。
また、貴重な資料まで見られて感激です。
昔から本当に変わらないのですね。
ちなみに拝見した写真の旧ロゴは、今でも選択可能とのことでした。
ロードのフレームはラグレスという以外は標準的なものですが、シートピン
付近やヘッドチューブ付近の造形は私も大変気に入っています。

ケルビムの小径車、月並みな言葉で恐縮ですが本当に美しい!
塗装も、こんなきれいな青があったんだと、惚れ惚れしてしまいます。
ポジションが定まったら、私もいつかこんな形でフレームを頼んでみたいです。
今後も宜しくお願い致します。



返信を投稿する