CBN 2016年冬のBRAパーティ会場
12-22-2016 10:32 PM   
#11

遅くなりましたが、numero_neroさん、マスター、賞および副賞ありがとうございます。
まさか、写真を評価してもらえるとは思ってもいなかったので、本当にうれしいです!
こだわりと言えるほどのこだわりはありませんが、『目に映ったような景色を写す』ことを意識して撮っています。

残念ながら、使っていたコンデジ君がお亡くなりになってしまって写真欲がなくなっていましたが
あなパー!でのパノラマコース、渡良瀬遊水地はスマホで撮影したもので、案外うまく撮れることがわかったので撮り続けて行こうと思います。

また、来期もちまちまレビューをあげていきますので、どうぞよろしくお願いします。
よく練習でいくところを5ヶ所ほど載せようと思っています(笑)



12-26-2016 11:02 PM   
#12

皆さんこんばんは! つい先ほど「投票で選ぶ最優秀レビュワー賞」の結果が出ました!

http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...bestreview

baruさんは前回に引き続き、総合優勝・numero_nero賞と合わせ、トリプル受賞となります!ゲットされた副賞は合計でなんと12000円分のamazonギフ​ト券! おめでとうございます! (同時に副賞のamazonギフト券5000円分を送信させていただきました。もし不着の場合はご連絡下さい)

これで下半期BRAの賞が全て決定いたしました。受賞された皆様、あらためておめでとうございます! 次のBRA発表は来年の6月。今年の12月1日〜5/31日までの投稿が対象になります。今後も様々な投稿をお待ちしております。

短いレビューでも歓迎ですので、お気軽にご投稿いただければ幸いです。


12-27-2016 08:52 PM   
#13

コメント頂いた方に返信させていただきます。

(12-20-2016 10:32 AM)tukemonosan さんは次のように書きました:  パーティ帽をかぶってどうもー漬物でございまーすとヘラヘラやってきたら、baruさんの投稿にびっくりして酔いがさめた次第であります。やー、新規格というのは難しいも​のではありますね。ちゃんと向き合っているのか、とりあえず規格に則っとけ的なスタンスなのかを見ることで、作り手側の姿勢や思想を見ることができるいい機会なのかもしれ​ませんね。

いやー、ホント規格は闇ですね。メーカー側の姿勢を見極める目が私も甘かったと思います。「MTBやってるメーカーだからディスクの扱いには慣れてるはず」なんてのは思い​込みでした。サス付きでオフロードを走るMTBと、サス無しで舗装路を走るMTBではまるっきり違うのです。ただ、シクロクロスが強いメーカーは、ディスクロードでもいち​早く良いものを作っている気がします。


(12-20-2016 11:37 PM)kazane さんは次のように書きました:  その間にMTBに復帰して、
『整備さえ自分で出来れば、油圧ディスクって凄くいいなー』
と思い始めてたらカンパニョーロがZONDAディスクをリリースしたりして。
これは自分もそろそろ身の振り方を考えねばと思い始めていた今期の締めのパーディー会場で語られたbaru様のお話はショックであり、ロードバイクが根本的な所から変わり​始めてるんだという生の貴重な体験談だと思いました。

kazaneさん、お久しぶりです。パーティー会場で語る話かは悩んだのですが、やはり先期のメインレビュー対象を売るという決断に至るまでを書いておこうかと思いまして​。

ディスクロードは本当に転機だと思います。上手く作れば、メンテフリーでかつオールウェザーなロードバイクの出来上がりです。反面、これまでよりも求められる積層やジオメ​トリの設計はさらに難しくなるでしょう。それが固まるまでには、少なくともあとニ年は待ったほうが良いと思います。


(12-26-2016 11:02 PM)ManInside さんは次のように書きました:  baruさんは前回に引き続き、総合優勝・numero_nero賞と合わせ、トリプル受賞となります!ゲットされた副賞は合計でなんと12000円分のamazonギフ​ト券! おめでとうございます! (同時に副賞のamazonギフト券5000円分を送信させていただきました。もし不着の場合はご連絡下さい)

マスター、今回もありがとうございます!

頂いたギフトカードは、次期スチールロードのヘッドパーツ購入に使わせて頂きました。選んだのは……みんな大好きCHRIS KINGです。と言うより、1インチアヘッドって選択肢がCHRIS KINGかTANGEくらいしか無いんですよね。CANE CREEKはいつまで経っても入ってこないって話なので。ということで、CHRIS KINGです。初のCHRIS KING、どんなパーツか楽しみです。

今期はスチールロードを中心にレビューを書いていこうと思います!

baru (@barubaru24)
blog: 東京⇔大阪キャノンボール研究

12-30-2016 07:09 PM   
#14

受賞者の皆様、あらためておめでとうございます!
今期は新人レビュワーさんの活躍も目立ち、濃い内容のBRAでしたね。

皆さんの来期のご活躍にも期待しております。
それでは年末年始の休暇をお楽しみ下さい!

(私は今月ひどい風邪をひいてしまいほとんど自転車乗れなかったのですが、お正月は乗れそうです。皆様もインフルエンザとノロウィルスにはお気をつけ下さい)


12-30-2016 07:11 PM   
#15

(12-27-2016 08:52 PM)barubaru24 さんは次のように書きました:  今期はスチールロードを中心にレビューを書いていこうと思います!

これは楽しみ!



12-30-2016 09:45 PM   
#16

受賞された皆様、あらためておめでとうございます&今期も楽しませていただいてありがとうございました!

毎回選考させていただくにあたって、対象期間中に投稿されたレビューの中で強く惹かれたものを軸にそのレビュワーの方が過去に投稿されたものを遡って読み直させていただい​たりしながらコメントを推敲しているんですが、その過程で見落としていたことに気づかされたりするので、そこでまた改めて楽しませてもらったりなんてこともあります。

(12-27-2016 08:52 PM)barubaru24 さんは次のように書きました:  頂いたギフトカードは、次期スチールロードのヘッドパーツ購入に使わせて頂きました。選んだのは……みんな大好きCHRIS KINGです。と言うより、1インチアヘッドって選択肢がCHRIS KINGかTANGEくらいしか無いんですよね。CANE CREEKはいつまで経っても入ってこないって話なので。ということで、CHRIS KINGです。初のCHRIS KING、どんなパーツか楽しみです。

今期はスチールロードを中心にレビューを書いていこうと思います!

baruさんの次はスチールロードですか! 私もちょうど1年前Colnago Masterを組むつもりで色々パーツを漁っていましたが、フォークやヘッドセット周りは何かと難儀させられました…もっとも苦労させられたのは規格が入り組んでいる上手に入るパーツが限られているスレデッドフォークの方でで​したけれど。

アヘッドで組まれるとのことなのであげられたメーカーの中から選べば大体大丈夫そうですよね。ただKingは他メーカーより数mmスタックが高めになるのでジオメトリの変​化にだけは注意したいところでしょう。先日国内のビルダーに関する本をレビューされていたところから察するにおそらくオーダーで作られるんだろうと思いますが、ヘッドセッ​トのスタックハイト(HPにスペックシートがあります)などあらかじめビルダーに伝えて設計に組み込んでもらうと安心かもしれません。

それと、私はアヘッド・スレデッドフォーク間をジオメトリ変化の心配なしで差し替えできるようにしたかったのでカンパを選びましたが、Kingでも上カップのベアリングキ​ャップを2nutかGripNutに差し替えれば同じことができますね! 2nutとGripNutの違いはここらへんでわかりやすくまとめられているので、頭の片隅に入れておいてヘッドチューブ長の設定に織り込んでおくと、先々でフォークの選択肢が増えるんじゃないかと思います。アヘッ​ドしか使う気がなければ関係ないお話なんですけれども。


12-31-2016 12:11 AM   
#17

こんばんは

副賞にいただいたAmazonのギフト券で使ってみたかった「Panaracer グラベルキング」を手に入れました。
マスター、改めてありがとうございます!

DEFY1 DISCは700×25Cのタイヤでも乗り心地が良いのですが、この自転車の快適性と悪路走破性の高さという長所を伸ばすために、ちょっと太めの700×28Cをあえて選​んでみました。

このタイヤの素晴らしさは、漕ぎ出してすぐにわかりました。シルキーな乗り心地とはまさにこのことで、ただ乗っているだけでも快適さを実感できます。タイヤ自体もしなやか​ですけど、28Cのエアボリュームの大きさが相当効いてます。まだ、50kmくらいしか走ってませんが、乗り心地の良さを楽しめました。

荒れた路面がますますマイルドな乗り心地になるのもいいですね。これまではリアバックとD-FUSEシートポストが路面の振動をいなしてくれるような感じでしたが、今はタイヤがだいぶ振動を吸収してくれるような感じがします。元々荒れた路面を走るのが面白い自転​車なので、未舗装路も楽しんでみたいと思っています。

28Cだと漕ぎ出しの重さが心配でしたが、これまで使っていた25Cのタイヤと35gくらいしか重くなっていないので、意外にも漕ぎ出しは軽くてこれまでとほとんど変わり​ません。転がり抵抗も低くて、軽快な走りができます。巡航スピードもこれまでと特に変わらないようです。

ちょっと驚いたのは、ブレーキの効き方の違いです。25Cではブレーキレバーを強く握り込むとグワッと制動力が立ち上がる感じがしたのですが、28Cではロックしにくいと​いうか、コントロールしやすいというか… まだこの感覚を言葉で表現しきれないですが、これには接地面積の大きさが関係している気がします。グラベルキングの28Cは特に接地面積が広めのようで、他にも直進性やコ​ーナリングにも少し影響しているようです。

快適性を重視して28Cを選んだのは大正解でした。DEFY1 DISCが対応するタイヤの幅は28Cまでとのことですが、もう少し太いタイヤを履いたり、さらにフェンダーをつけることもできそうです。タイヤクリアランスも分かったと​ころで、来年はもう一度この自転車を再レビューしようと考えています。

では、皆さま良いお年を!






12-31-2016 11:33 AM   
#18

(12-30-2016 09:45 PM)numero_nero さんは次のように書きました:  アヘッドで組まれるとのことなのであげられたメーカーの中から選べば大体大丈夫そうですよね。ただKingは他メーカーより数mmスタックが高めになるのでジオメトリの変​化にだけは注意したいところでしょう。先日国内のビルダーに関する本をレビューされていたところから察するにおそらくオーダーで作られるんだろうと思いますが、ヘッドセッ​トのスタックハイト(HPにスペックシートがあります)などあらかじめビルダーに伝えて設計に組み込んでもらうと安心かもしれません。

はい、むしろ「ヘッドセットがわからないとフレーム作成に着手出来ない」とのことで、既にCHRIS KINGを使うことを告げ、下ワン12.9mm、上ワン15.1mmになることをお伝えしてあります。ちゃんとそこを考慮して作ってくれるようです。

CHRIS KINGは上ワンも厚みがありますが、これは好都合でもあります。普通に組むとヘッドが144mmになるとのことですが、それはさすがに見た目的に長すぎるので135mm​に変えてもらいました。その9mm分を吸収するのにスペーサーを積まねばならないのですが、CHRIS KINGなら上ワン分でスペーサーが少なくて済む……という計算があったりします。

numero_neroさんのコルナゴも素晴らしいですね。一つ一つパーツにこだわった一台。私もせっかくのオーダー車なので、私なりに最強のロングファストラン装備を施​す予定です。

baru (@barubaru24)
blog: 東京⇔大阪キャノンボール研究

12-31-2016 01:34 PM   
#19

(12-31-2016 12:11 AM)LZPT2IB さんは次のように書きました:  DEFY1 DISCは700×25Cのタイヤでも乗り心地が良いのですが、この自転車の快適性と悪路走破性の高さという長所を伸ばすために、ちょっと太めの700×28Cをあえて選​んでみました。

このタイヤの素晴らしさは、漕ぎ出してすぐにわかりました。シルキーな乗り心地とはまさにこのことで、ただ乗っているだけでも快適さを実感できます。タイヤ自体もしなやか​ですけど、28Cのエアボリュームの大きさが相当効いてます。まだ、50kmくらいしか走ってませんが、乗り心地の良さを楽しめました。

読んでいるだけで乗ってみたくなるようなタイヤですね!LZさんご紹介ありがとうございます。LZさんも良いお年を!


12-31-2016 10:04 PM   
#20

(12-31-2016 12:11 AM)LZPT2IB さんは次のように書きました:  DEFY1 DISCは700×25Cのタイヤでも乗り心地が良いのですが、この自転車の快適性と悪路走破性の高さという長所を伸ばすために、ちょっと太めの700×28Cをあえて選​んでみました。

このタイヤの素晴らしさは、漕ぎ出してすぐにわかりました。シルキーな乗り心地とはまさにこのことで、ただ乗っているだけでも快適さを実感できます。タイヤ自体もしなやか​ですけど、28Cのエアボリュームの大きさが相当効いてます。まだ、50kmくらいしか走ってませんが、乗り心地の良さを楽しめました。

ワイドリムに太いタイアを履かせると色々な面で走行性能が上がりますよね。私もHED BelgiumにPave Evo CG履かせて初めて峠を下った時あまりの安楽さと扱いやすさに度肝を抜かれました。考えてみれば車のワイドトレッド化やインチアップと同じなんですよね。リムも含めると重​量が嵩むし太いタイアには23〜25Cのように転がり抵抗の低い高性能コンパウンドを使ったタイアが少ないなど悩ましいこともまだまだありますが、太くても軽くて良く転が​るタイアが増えていけばこの組み合わせは良いことずくめになる気がします。



返信を投稿する