ラピッドファイヤー型シフター取り付け部品
05-20-2016 08:00 PM   
#1

Dedaのブルホーンバー CronoNero Teamにシマノのラピッドファイヤー型シフターDeore XT ST-M770 9Sを取り付けるため,径31.8mm用のDi2 FD取り付け部品を使ってこのような部品を作ってみました.ST-M770はシフター本体とクランプ部品が別体になっていて2本のねじで締結する方式で,そのクランプ部品を新たに作ることになります.FDを固定する部分はスノボのハーフ​パイプのような形状にFD固定用の穴が1つあいていますが,そこにJB Weldという金属粉入りエポキシ系接着充填剤を盛り付けて穴をふさぐとともに厚みを増し,シフター本体を取り付ける穴を開けてヤスリで形状を仕上げました.穴の内面の銀​色の部分が元のアルミ部分で黒い部分が盛りつけた部分になります.




取り付けるとこんな感じになります.



私は持っていないので形状が分かりませんがI-spec仕様も本体とクランプ部が別体なので同じような部品ができそうですね.どこかのメーカーがいろいろな径に対応できるこういう部品を作ってくれるとシフター,ハンド​ル,フレームの組み合わせの可能性が広がって楽しいと思います.



返信を投稿する