今月のサイスポ
04-24-2016 05:29 AM   
#21

CYCLE SPORTS 2016年6月号 700円

〇トレック・ジャパンがショップオーナーを募集(静岡限定ですが)、の1ページ広告が目を惹きました。トレック・ジャパンがつまり、フランチャイズ・ビジネスを運営という​わけです。

〇カンパがミドルクラスのコンポを発表だそうな。アルテグラと真っ向勝負するつもりのようです。シルバー・パーツもちょっと興味深い。

〇石田ゆうすけ氏の「僕の細道」、前号に続くキューバ編は今号の白眉。

〇角田安正氏の「続・自転車物語」は昭和の時代に勃発した自転車流通大戦争。ホムセンやスーパーといった販売チャネルに廉価品が流れ始めたころの事情が描かれます。相変わ​らず面白くて上質の連載です。石田ゆうすけ氏と角田安正氏の2本だけでこの雑誌の価値は十分。

〇春夏サイクウルエアの別冊付録があります。各社のウエアがずらりと並ぶのですが、whamさんのCBNジャージのデザインは優秀だなあ、と思ってしまいました。
そういえば東京五輪のエンブレム候補がえらく凡長で、結局、パクっている(らしい)とはいえ、佐野研二郎氏のデザインに遠く及ばないのはどういうことなのでしょうか?(な​んて思っているのはきっと自分だけ)



06-06-2016 02:19 AM   
#22

CYCLE SPORTS 2016年7月号

 内外各社のバイクを使ってのインプレ道中記のなかで、Bianchi Specialissimaのインプレを読み 『カーボンフレームの高級車』ってこういう表現になるんだろうなぁと思い。
 『スーパーカー』や『レーサー』といった、比較的分かりやすい モノ に比類するバイクは数あれど、『高級車』は表現する方も、感じる方にも難しいジャンルだよなぁと感慨深く読ませていただきました。
 
 この後、どのような道中記になるか愉しみです。


06-12-2016 05:59 PM   
#23

(06-06-2016 02:19 AM)AKIRA さんは次のように書きました:  CYCLE SPORTS 2016年7月号

 内外各社のバイクを使ってのインプレ道中記のなかで、Bianchi Specialissimaのインプレを読み 『カーボンフレームの高級車』ってこういう表現になるんだろうなぁと思い。
 『スーパーカー』や『レーサー』といった、比較的分かりやすい モノ に比類するバイクは数あれど、『高級車』は表現する方も、感じる方にも難しいジャンルだよなぁと感慨深く読ませていただきました。
 
 この後、どのような道中記になるか愉しみです。

同感です。
次号ではさらに具体的、計量的な表現もたくさん出てきてほしいなあ、とも思いました。

7月号で私が注目したのは、「キノフィット」の木下智裕さんが出演の

「自分だけのポジション、黄金比を探せ!」

です。非常に詳細に述べられており、役に立つのでは??
間違いなく保存版、です。

もちろん、同感するところと、違うな、と思うところがありましたが、それがむしろ普通。なにしろ、正解と呼べるものが存在しない評価項目もある世界なので。

こういう有用な特集は、批判的に吸収し、自分で実感し、実証主義的に取り込んでいくのが良いと思います。


06-19-2016 06:08 PM   
#24

CYCLE SPORTS 2016年8月号 670円

8月号は石田ゆうすけ氏の「CUBA漂流」は別格として、SRAMの無線電動シフト"e TAP"の解説記事が面白いです。

SRAM e Tapでは通信を暗号化しており、その無線通信プロトコルをAIREAと名付けています。自分の自転車に搭載したe Tap機器間の通信を確立し、暗号化してやり取りを開始します。この暗号化が自転車ごとのユニークな個体認証と通信の秘匿を維持するということでしょう。その暗号長が12​8bitですが、鍵のギザギザが2の128乗個あるようなもの(いい加減すぎる説明で申し訳ないですが)。SRAMは結構マジ、ですね。まあしかし、通信の秘匿化も大事で​すが、機器のハード的な信頼性のほうがもっと大事だと思います。

なお、サイスポには

> 最も解読が難しいといわれる暗号強度の128ビットで通信することにより、

というくだりがありますが、無論、同じ暗号ロジックであれば256ビットの方が遥かに解読が難しいです。

さて、もし、SRAMのこのシステムが安定に稼働し、実績を積むとなると、いえいえ、そうならなくても、シマノは必ず、無線通信方式を投入してくるでしょう。どこかの通信​セキュリティ会社と共同で開発を進めているはずです。それが自然な流れ、というものです。この30年ほどの通信技術の進化、電子デバイスの小型化の進化というのは、凄まじ​いものがあります。キャットアイの初代サイコンの時代にANTやbluetoothの周波数で送受信機を作ったら、大きさも値段もとんでもないことになったでしょう(あっ​、作れなかったかも)。

機械式シフトは絶対になくならないでしょうが、有線通信式電動シフトは、いずれなくなるような気がします。

https://www.youtube.com/embed/XlLwu-SDo5...showinfo=0
https://www.youtube.com/embed/6nTdTS1YxA...showinfo=0


06-20-2016 12:12 AM   
#25

(06-19-2016 06:08 PM)守衛のおじさん さんは次のように書きました:  CYCLE SPORTS 2016年8月号 670円

8月号は石田ゆうすけ氏の「CUBA漂流」は別格として、SRAMの無線電動シフト"e TAP"の解説記事が面白いです。

SRAM e Tapでは通信を暗号化しており、その無線通信プロトコルをAIREAと名付けています。自分の自転車に搭載したe Tap機器間の通信を確立し、暗号化してやり取りを開始します。この暗号化が自転車ごとのユニークな個体認証と通信の秘匿を維持するということでしょう。その暗号長が12​8bitですが、鍵のギザギザが2の128乗個あるようなもの(いい加減すぎる説明で申し訳ないですが)。SRAMは結構マジ、ですね。まあしかし、通信の秘匿化も大事で​すが、機器のハード的な信頼性のほうがもっと大事だと思います。

なお、サイスポには

> 最も解読が難しいといわれる暗号強度の128ビットで通信することにより、

というくだりがありますが、無論、同じ暗号ロジックであれば256ビットの方が遥かに解読が難しいです。

さて、もし、SRAMのこのシステムが安定に稼働し、実績を積むとなると、いえいえ、そうならなくても、シマノは必ず、無線通信方式を投入してくるでしょう。どこかの通信​セキュリティ会社と共同で開発を進めているはずです。それが自然な流れ、というものです。この30年ほどの通信技術の進化、電子デバイスの小型化の進化というのは、凄まじ​いものがあります。キャットアイの初代サイコンの時代にANTやbluetoothの周波数で送受信機を作ったら、大きさも値段もとんでもないことになったでしょう(あっ​、作れなかったかも)。

機械式シフトは絶対になくならないでしょうが、有線通信式電動シフトは、いずれなくなるような気がします。

https://www.youtube.com/embed/XlLwu-SDo5...showinfo=0
https://www.youtube.com/embed/6nTdTS1YxA...showinfo=0

無線の暗号化に関して言えば、「まだ解読法が確立されてない」だけで解読とのイタチごっこに負けた瞬間使い物にならなくなるリスクがある以上、機械式が残るように有線式も​残るような気はします。

例えば、Wifiで使われてる暗号プロトコルのWPA2-PSKも128ビット長の暗号鍵を使った暗号ですが、既にパスワードの解析ツールは出回っており不適切なパスワード(文字種が少ない、パスワード長が短い)を使ってた場合​そこそこ性能のいいPC1台で数日単位で解読できるのは、既に報告されています。

悪意を持ったチームがステージレース中に、暗号解読しゴール前のスプリントで相手チームのスプリンターのギアを変速させる……なんて事はないとは言い切れないというのが、​個人的な感想です。

もちろんSRAM側もそういうリスクがあることを前提に開発はしてると思います。ただ、AIREAの仕様書を公開してもらえないとどれくらいの強度があるのか分からず、公​開したらしたで解読法のアタリがつけられるというのもまた事実なので、難しいところです。



06-20-2016 08:09 PM   
#26

(06-20-2016 12:12 AM)Limey さんは次のように書きました:  悪意を持ったチームがステージレース中に、暗号解読しゴール前のスプリントで相手チームのスプリンターのギアを変速させる……なんて事はないとは言い切れないというのが、​個人的な感想です。

そうですよねぇ。この分野は完全、ということがない中でのシステム開発ですので、それはあり得ますよね。そんな中でも否応なしに開発がどんどん進んで行ってしまう・・・通​信とはそういう分野なのでしょう(か?)

有線シフトも当分、というか下位グレードでは長く生き残るかもしれませんね。

おっしゃる通りです。


07-23-2016 03:28 PM   
#27

CYCLE SPORTS 2016年9月号 670円

9月号、なかなか面白かったです。

***

まずは見開き2ページ目のANCHORの広告。先月の全日本選手権でワン・ツーを決めたBSアンカーの初山翔と西薗良太の白黒写真にグッときてしまいました。成長した元ブ​リッツエンの初山が勝ち、練習時間が少ない学生時代、アパートのローラ台で壮絶インターバルを繰り返し、今年2度目のTT覇者となった西薗。このページを眺めながら暫し、​・・・

***

カレラ新車に関わる特集の中で、日本にも馴染みの深い90年代のスーパースター、クラウディオ・キァプーチが来日してサドルに関して曰く
「自分専用モデルを作ってもらった初めての選手が自分で、それがセラ・サンマルコのリーガルだった。」
んだそうな。リーガル。てっきり、マリオ・チポリーニのために設定されたサドルかと思ってました。

***

時短ライド特集もイイですね。
安井行生氏の輪行の流儀など、やっぱり安井氏は違う、と思わせる流石な立ち居振る舞いに唸りました。
私のことを言えば大学時代、貧乏だったので週4日バイトをして月10万ほど稼いでいたのですが、平日昼間は講義についていくのに必死のアホ学生だったので、とにかく時間が​ない。というわけで走るのは主に夜だったのですが、白金台から麻布、青山あたりの都心を抜けるトレーニングコース(笑)の信号のタイミングはすべて完全に把握し、どこでダ​ッシュすればいいのかわかっていましたし、夜10時にタイミングが切り替わるのも知っていました(笑)。あれが自分の時短ライドの始まりだったような気がします。仲間と大​いに遊んだなんていう大学生風味の記憶もないのですが、貧乏がいやだったという記憶もないですねぇ。今も時間がないのは似たようなものなので、休日のライドは原則として朝​7時までと決めています。

***

異音よ、さらば という特集。
これも結構お役立ちじゃないかと思いますヨ。ただ、なぜか油圧ディスクブレーキに関わるシャラ音についての記述なし。皆、気にしていないのか、それともそういうものだから​敢えて触れないのか??
BB30異音問題については、「いい加減な作業、それこそが異音の原因」と・・・
印象的だったのがキャノンデールのコメント。精度向上で現在では異音はほぼ解決できているそうで、CAAD12に至ってはクレームがゼロだそうな。


07-23-2016 05:25 PM   
#28

(07-23-2016 03:28 PM)守衛のおじさん さんは次のように書きました:  BB30異音問題については、「いい加減な作業、それこそが異音の原因」と・・・
印象的だったのがキャノンデールのコメント。精度向上で現在では異音はほぼ解決できているそうで、CAAD12に至ってはクレームがゼロだそうな。

つ、強気だ!!


07-24-2016 12:35 AM   
#29

(07-23-2016 03:28 PM)守衛のおじさん さんは次のように書きました:  CYCLE SPORTS 2016年9月号 670円
BB30異音問題については、「いい加減な作業、それこそが異音の原因」と・・・
印象的だったのがキャノンデールのコメント。精度向上で現在では異音はほぼ解決できているそうで、CAAD12に至ってはクレームがゼロだそうな。

つまり少なくともCAAD12以前のBBは精度がダメだったって告白してるようなもんじゃ……
それに、いい加減な作業って吊るしの完成車で異音出た場合どうすればええねんというオチもあって、結局フレームの精度の問題に行き着くような気もしないでもないですw

ちょっと話は脱線しますが、圧入BB調べてた時に同じく圧入BBを採用してるBMXだと異音とか出るんじゃろうかと調べたり聞いてみたりしたんですが、異音以前にリーマか​けないとベアリング圧入できないとかクランクにあわせてカラー加工必要とか、非常にゆるい感じで逆に安心したり。
古い規格のアメリカンBBってのがいわゆるプレスフィットで、それ以降に出てきたスパニッシュBBやミッドBBがベアリング直の圧入になってたりとかここらへんも調べてみ​るとなかなか面白かったり。


07-24-2016 04:01 AM   
#30

(07-23-2016 03:28 PM)守衛のおじさん さんは次のように書きました:  CYCLE SPORTS 2016年9月号 670円


異音よ、さらば という特集。
これも結構お役立ちじゃないかと思いますヨ。ただ、なぜか油圧ディスクブレーキに関わるシャラ音についての記述なし。皆、気にしていないのか、それともそういうものだから​敢えて触れないのか??
BB30異音問題については、「いい加減な作業、それこそが異音の原因」と・・・
印象的だったのがキャノンデールのコメント。精度向上で現在では異音はほぼ解決できているそうで、CAAD12に至ってはクレームがゼロだそうな。


たとえ高価なバイクでも、チープな組み方をされているのを見つけると、幻滅しますね。



返信を投稿する