【朗報】ピナレロがネジ切りBBへ回帰
07-13-2014 11:04 PM   
#1

ピナレロが2015モデルから全てのモデルでBBをネジ切りタイプにするそうです。

http://cyclist.sanspo.com/141352

私は圧入式BB懐疑派なのでこれは非常に良い動きだと思うのですが・・・。

イタリアンかぁー。

方向性は完全に合ってるんだけど着地点を微妙に間違えちゃった感じ。(笑)

まあイタリアのメーカーだしロードだからいっか。(MTBだったら普通に嫌がらせだけど)

しかしBBの規格はどこへいくんだろうか・・・。(遠い眼)

一本のフレームを五年、十年と長く乗りたいと思う私としてはぜひ信頼性、耐久性に長けたネジ切り式BBが主流になっていただきたいです。フレーム(完成車)メーカーとして​は「十年も乗られちゃかなわんっ!」という話かもしれませんが・・・。


はっ!それが圧入式BBの採用理由なのかっ!? 「なんとかタイマー」なのかっ!?(笑)
07-14-2014 08:14 PM   
#2

(07-13-2014 11:04 PM)notti さんは次のように書きました:  ピナレロが2015モデルから全てのモデルでBBをネジ切りタイプにするそうです。

http://cyclist.sanspo.com/141352

私は圧入式BB懐疑派なのでこれは非常に良い動きだと思うのですが・・・。

ヘッドパーツとかフォークとかシートポストとかも互換性のあるものに戻して欲しいです。
最近のカーボンロードは部品交換もできないというかする必要もない位短命化してますね(賞味期限というか消費期限が)。
今から30年位前のスキー板みたいです。毎年新作出ても何が向上してるのか全くわかんない進歩。(30%UPとか25%低減とかw)
値段だけは確実に上がっているものの、型落ちすると異様に安くなるという販売スタイルw
消費者っていつの世もカモられるような気がします。
07-15-2014 12:49 PM   
#3

これは朗報。

しかしリンク先の記事、「ネジ切りBB=イタリアンBB」的に書いていますが、ネジ切りにはJIS(BSC)もあるということを知らない方には誤解を招きそうですね。

ピナレロのは多分本当にイタリアンなんでしょうね。デローザも確かイタリアン…ていうかイタリアブランドのクロモリはほとんどイタリアンかw
現代のカーボンフレームに搭載するネジ切りBBがイタリアンっていうのも確かにビミョーに時代錯誤な感じで面白いですね(笑ってる場合か)
07-16-2014 03:16 AM   
#4

(07-14-2014 08:14 PM)akka さんは次のように書きました:  ヘッドパーツとかフォークとかシートポストとかも互換性のあるものに戻して欲しいです。
最近のカーボンロードは部品交換もできないというかする必要もない位短命化してますね(賞味期限というか消費期限が)。
今から30年位前のスキー板みたいです。毎年新作出ても何が向上してるのか全くわかんない進歩。(30%UPとか25%低減とかw)
値段だけは確実に上がっているものの、型落ちすると異様に安くなるという販売スタイルw
消費者っていつの世もカモられるような気がします。


>ヘッドパーツとかフォークとかシートポストとかも互換性のあるものに戻して欲しいです。
激しく同意です。「個性出したいのもわかるけど基本的な部分の互換性は維持しなさいよっ!」って思いますよね。

でも自転車ってとても単純でシンプルな乗り物だから差別化がしにくいんじゃないでしょうか、だから他社との差別化をはかり、消費者の物欲中枢を刺激するために奇をてらった​互換性無視のトンデモ仕様が出てきがちになるんじゃないですかね。


>消費者っていつの世もカモられるような気がします。
うーん、悲しいかな確かに私もそういう気はします。今のエアロロードブームなんかもカモられまくりマクリスティーな雰囲気が全開でするんですけど・・・w。
07-16-2014 03:18 AM   
#5

(07-15-2014 12:49 PM)ManInside さんは次のように書きました:  これは朗報。

しかしリンク先の記事、「ネジ切りBB=イタリアンBB」的に書いていますが、ネジ切りにはJIS(BSC)もあるということを知らない方には誤解を招きそうですね。

ピナレロのは多分本当にイタリアンなんでしょうね。デローザも確かイタリアン…ていうかイタリアブランドのクロモリはほとんどイタリアンかw
現代のカーボンフレームに搭載するネジ切りBBがイタリアンっていうのも確かにビミョーに時代錯誤な感じで面白いですね(笑ってる場合か)


なんかマスターの書き込み見て不安になってきた。

本当にイタリアン規格のネジ切りBBなんだろうか?確かにスチールロードならまだしもドグマにイタリアンのネジ切りBB採用するでしょうか。イタリアンってことはシェル幅​70ってことですよね。

そっ、それはそれで地味にダメージでかいな・・・。(ダメージゆうな)

もしかして「イタリアンBB」っていうまったく新しい規格のBBだったりして・・・w。(新規格はもうエエっちゅうねんっ!)

マスターお手数ですがもしそうだったらスレタイの「朗報」のところを「悲報」に変えといて下さい。(笑)
07-16-2014 12:22 PM   
#6

http://www.cyclowired.jp/image/node/136541
こちらのDOGMA F8の画像だとBB-9000が写っているので、【朗報】のままで大丈夫だと思いますよ。
しかし…
http://www.cyclowired.jp/news/node/136532
>BBについては信頼性を高めるための「最高の解決策」としてイタリアン規格を継続。
>ITA規格のBBはピナレロ全ての2015年モデルに導入されている。
とまで書かれると、「圧入式BBとはなんだったのか」と言いたくなりますよね。

毎年新型が出て○○がXX%向上!とか△g軽量化!と各メーカーは高々と謳っていますが、
結局それが私含めての一般人にどれだけのメリットをもたらしてくれるのか、
むしろパーツの互換性、耐久性が犠牲になっている分デメリットが増えているんじゃないか、
と思ったのが、私がカーボンバイクからエクターへ乗り換えた理由の一つです。
07-16-2014 03:48 PM   
#7

(07-16-2014 03:16 AM)notti さんは次のように書きました:  でも自転車ってとても単純でシンプルな乗り物だから差別化がしにくいんじゃないでしょうか、だから他社との差別化をはかり、消費者の物欲中枢を刺激するために奇をてらった​互換性無視のトンデモ仕様が出てきがちになるんじゃないですかね。

C〇nn〇nd〇leに是非聞いて頂きたいお言葉ですね。


私はBB30は嫌いですが、PF規格は悪くないと思います。ネジ関連のトラブルはおきませんし、交換もハンマーで打ち抜いて圧入するだけなので簡単です。ネジ山のチェック​や掃除の必要がありませんから、下手したら交換はねじ切りより早いかもしれません。プラのBBなのでシェルを痛める事も無いのではないでしょうか。唯一耐久性に関しては少​し疑問に思っていましたが、ひとまずダウンヒルで1シーズンノートラブルだったので、悪くないと思います。

これから全体的にねじ切りに回帰していく流れなのかは現状では判断できませんが、ピナレロの言う最高の解決策というのがどのような内容なのか興味があります。積極的に圧入​BBを採用するメーカーと討論とかしてくれると面白いんですが、無理でしょうねえ。
07-20-2014 10:43 PM   
#8

(07-16-2014 12:22 PM)n1nja さんは次のように書きました:  http://www.cyclowired.jp/image/node/136541
こちらのDOGMA F8の画像だとBB-9000が写っているので、【朗報】のままで大丈夫だと思いますよ。
しかし…
http://www.cyclowired.jp/news/node/136532
>BBについては信頼性を高めるための「最高の解決策」としてイタリアン規格を継続。
>ITA規格のBBはピナレロ全ての2015年モデルに導入されている。
とまで書かれると、「圧入式BBとはなんだったのか」と言いたくなりますよね。

毎年新型が出て○○がXX%向上!とか△g軽量化!と各メーカーは高々と謳っていますが、
結局それが私含めての一般人にどれだけのメリットをもたらしてくれるのか、
むしろパーツの互換性、耐久性が犠牲になっている分デメリットが増えているんじゃないか、
と思ったのが、私がカーボンバイクからエクターへ乗り換えた理由の一つです。


返信遅くなりましてすいません。

>こちらのDOGMA F8の画像だとBB-9000が写っているので、【朗報】のままで大丈夫だと思いますよ。

わざわざ調べていただいてありがとうございます。

やっぱり昔からあるイタリアン規格のネジ切りBBなんですね。うーん、なんか「やってもーた感」満載なんですけど・・・。日本人の感覚からすると「ネジ切りやったらJIS​でエエやん、イタリアンとかいらんやん。」って思いますけど。やはりイタリア企業、イタリア人にとってはイタリアン規格は絶対に死守すべき鉄の規格なんですかね。


>毎年新型が出て○○がXX%向上!とか△g軽量化!と各メーカーは高々と謳っていますが、
結局それが私含めての一般人にどれだけのメリットをもたらしてくれるのか、
むしろパーツの互換性、耐久性が犠牲になっている分デメリットが増えているんじゃないか、

まあ、メーカーも一台でも多く売ろうと必死ですから、いろいろテキトーな宣伝文句をいうのはしょうがないでしょうね。これはもう我々がデビルアイ並みの厳しい消費者の眼を​持って、そういう売り文句に騙され・・・じゃなかった、惑わされないように自衛するしかないのではないのではないでしょうか。

それにメーカーにとって互換性、耐久性なんていうのはそれほど重要視するものではないのかもしれないですね。互換性なんて気にしてたら奇抜なデザインの消費者の目を引くバ​イクは作れないし、耐久性もそこそこにしとかないと買い替えてもらえないし・・・。
07-20-2014 10:46 PM   
#9

(07-16-2014 03:48 PM)mk-2 さんは次のように書きました:  
(07-16-2014 03:16 AM)notti さんは次のように書きました:  でも自転車ってとても単純でシンプルな乗り物だから差別化がしにくいんじゃないでしょうか、だから他社との差別化をはかり、消費者の物欲中枢を刺激するために奇をてらった​互換性無視のトンデモ仕様が出てきがちになるんじゃないですかね。

C〇nn〇nd〇leに是非聞いて頂きたいお言葉ですね。


私はBB30は嫌いですが、PF規格は悪くないと思います。ネジ関連のトラブルはおきませんし、交換もハンマーで打ち抜いて圧入するだけなので簡単です。ネジ山のチェック​や掃除の必要がありませんから、下手したら交換はねじ切りより早いかもしれません。プラのBBなのでシェルを痛める事も無いのではないでしょうか。唯一耐久性に関しては少​し疑問に思っていましたが、ひとまずダウンヒルで1シーズンノートラブルだったので、悪くないと思います。

これから全体的にねじ切りに回帰していく流れなのかは現状では判断できませんが、ピナレロの言う最高の解決策というのがどのような内容なのか興味があります。積極的に圧入​BBを採用するメーカーと討論とかしてくれると面白いんですが、無理でしょうねえ。


返信遅くなりましてすいません。

>C〇nn〇nd〇leに是非聞いて頂きたいお言葉ですね。
アー、アー、アー。聞こえなーい。(笑)


>私はBB30は嫌いですが、PF規格は悪くないと思います。ネジ関連のトラブルはおきませんし、交換もハンマーで打ち抜いて圧入するだけなので簡単です。ネジ山のチ​ェックや掃除の必要がありませんから、下手したら交換はねじ切りより早いかもしれません。プラのBBなのでシェルを痛める事も無いのではないでしょうか。


私も圧入式BBの最適解はフレームを傷めないという点で樹脂製BB、もしくは樹脂製のスリーブを圧入したところにベアリングを圧入(そういうのあるのかな)だと思います。​天下のシマノが樹脂製の圧入式BBを出していることからもそれは確かではないでしょうか。ですが、BBという強い力がかかる部品が樹脂でよいのだろうかという疑問がやはり​残ります。樹脂製のBBが変形することによって入力したパワーをロスしたり、異音がしたりするということはないんでしょうか。シマノさんのことですからその辺はテストもち​ゃんとして、大丈夫なんだとは思いますが圧入の場合、いくらBBがきっちり出来ていてもBBシェルの精度が悪ければ意味が無いので怖いですね。

ある程度の寸法誤差は樹脂が吸収してくれるとしても圧入でのはめあいは非常に微妙なものなのでネジ切り式に比べてデリケートでトラブルが出やすいというのは変わらないんじ​ゃないでしょうか。



>これから全体的にねじ切りに回帰していく流れなのかは現状では判断できませんが


そうですね、現状の圧入式BBの大きな流れを見るとピナレロがネジ式にしたからといって一気にまたみんなネジ式になるとは考えにくいですよね。でも私は圧入式BBとはメー​カーにとって都合のいい規格であって、本当にユーザーのことを考えた規格だとはどうしても思えないので今回のピナレロの判断は英断であったと思いたいです。(でもイタリア​ンかぁ~)
12-03-2014 09:28 PM   
#10

今更ですが、2015年のFELTのF4とF5がねじ切りBBに変更になりましたね。
2010年までは本当に使いやすい良いバイクが多かったのでようやく戻ってきたかという感じです。
まあ、他のエアロモデルと上位モデルは相変わらずですが。
返信を投稿する