自転車ダイエット
08-02-2014 12:42 PM   
#11

7月 中間報告
      実年齢  身長    体重    体脂肪率 体内年齢 走行距離 平均速度
4/10   45歳   176cm    91.6kg   31.6%   76歳  
4/30                 89.5kg   30.5%   60歳   572km  16.5km/h 
5/30                 87.4kg   29.9%   59歳   739km 22~23km/h
6/30                 83.8kg   28.8%   56歳   955km   21km/h
7/31                 81.0kg   26.8%   50歳   1082km  22km/h

 ! 自転車乗り始めて4か月で早くも10キロ減達成 梅雨の合間をぬって長距離を走りました
気温もほどよく距離が稼げましたが 8月は猛暑で距離を乗れなそうです
長距離ツーリングでは平均時速26km/hほどをマーク 4月に向かい風でアシスト自転車に千切られていたのが嘘のようです



ReClimber さんがこの投稿にいいね!しました
08-02-2014 01:20 PM   
#12

コース紹介
普段走ってのるは常陸太田市旧水府村から旧山方町の間の里山超えをその日の気分でいくつか組み合わせたコース 
信号が全然なく昭和40年代のような山村は風情があります
どんな山奥でもしっかり舗装してあるのは素晴らしいですね
自転車の気配はまるでなし

 
常陸太田市町屋から北茨城市のダムまでのふるさとグリーンライン 20キロほども好きです
一番下の町屋から3キロほどはかなり傾斜もあって自転車に人気のコース 
そこから上はゆるやかにアップダウンを繰り返して徐々に登ります

そして一番きついのが高鈴ゴルフクラブに登る5キロ
自宅から10分ほどで行けるのですが 登ろう!って気を引き締めないといけないハードなコースです


08-02-2014 01:45 PM   
#13

ヒルクライム練習
上記の高鈴山コース 今まで坂の途中で休憩したことはあっても諦めて引き返したのはここが初めて 
リベンジを兼ねてタイムを計測することにした
リタイヤ 43分 40分ときて7月某日の挑戦
3本目まではほぼすっと34-30でやっと登っていたのが 余裕ができ27や24を使う場面も結構でてきてタイム34分
満足げに頂上でドリンクを飲み始めるとスタート時にふもとで休憩していたMTBが追い付いてきた 
タイムはほぼ同じか向こうのほうが速いくらいであろう
まだまだな走りではあるが他にも自転車がいると楽しいものである


09-05-2014 11:06 PM   
#14

8月 中間報告
      実年齢  身長    体重    体脂肪率 体内年齢 走行距離 平均速度
4/10   45歳   176cm    91.6kg   31.6%   76歳  
4/30                 89.5kg   30.5%   60歳   572km  16.5km/h 
5/30                 87.4kg   29.9%   59歳   739km 22~23km/h
6/30                 83.8kg   28.8%   56歳   955km   21km/h
7/31                  81.0kg   26.8%   50歳   1082km  22km/h
8/31                 80.8kg   28.0%   54歳   366km

8月は暑かったのもあり 走行距離が全然伸びず体重も現状維持となった
ツールドフランスやジロデイタリアを見てヒルクライムがマイブームになり
乗れる時は山岳コースばかり走っている かなり遅いが


09-05-2014 11:20 PM   
#15

ヒルクライム出場 
勢い余って栃木県矢板市の八方ヶ原ヒルクライムレースにエントリー
かなり遅いので迷っていたのだがヘビー級なるクラスがあると聞き出場を決意する 目標は完走である

開催日は8月10日 西日本が台風に襲われた日である
小雨模様で13キロのコースが10キロに短縮されたが レース中は本降りにならず無事終了
後ろから追いついてきた50歳オーバークラスの方と抜きつぬかれつの死闘を繰り広げたのだが
勾配が緩い区間やほぼ平坦なら追いつけるのに勾配がきつくなると
スピードが全然違って置いて行かれてしまう
知人に後半の登りがきついと脅かされていたのでペースをゆっくり目に設定したのもある
いざここからと思ったあたりで突然のゴール もうちょっと速く走れたかな
タイムは10キロ55分 40代クラスだと完走者でもほぼ最後尾のようである
来年はもっと痩せて速く走れるようになるだろうか



ReClimber さんがこの投稿にいいね!しました
12-07-2014 07:04 PM   
#16

11月 中間報告
      実年齢  身長    体重    体脂肪率 体内年齢 走行距離 平均速度
4/10   45歳   176cm    91.6kg   31.6%   76歳  
4/30                 89.5kg   30.5%   60歳   572km  16.5km/h 
5/30                 87.4kg   29.9%   59歳   739km 22~23km/h
6/30                 83.8kg   28.8%   56歳   955km   21km/h
7/31                  81.0kg   26.8%   50歳   1082km  22km/h
8/31                 80.8kg   28.0%   54歳   366km
11/30                 81.8kg   26.8%   54歳   990km

転居で乗車距離が全然伸びず 体重も増える始末
自転車に乗るようになり朝食を抜かずに食べるようになったのが原因か
健康にはいいので気にせずしっかり食べながら乗っていこうと思う


12-07-2014 07:32 PM   
#17

増車 
もうちょっと痩せて春ごろ買おうと思っていたカーボンロードだが
11月にあったショップの試乗会にてトレックを衝動買いしてしまった
今のアルミキャノンデールと比べて登りの軽さや30キロ前後の伸びが素人でもわかるほど
むしろ体力がない素人だからこそわかりやすいのか
ただ走行距離100キロ前後獲得標高1000~1500m程度のツーリングだと疲労度は変わらないかもしれない
自転車にもっとスピード出さないの? とせっつかれてるようなスポーティな乗り味だが
ぼちぼち乗っていこうと思う


12-17-2014 10:00 PM   
#18

エモンダ インプレ
 11月に衝動買いしてしまったエモンダSL6 多少乗ったのでインプレッションをば
比較対象はキャノンデールCAAD8 sora トレック ドマーネ5.2のみ
とにかく軽い caad8でも並の自転車より操作性車重ともに軽かったのだがさらに軽い 保安部品やペダル込でほぼ8kgちょうど caad8は9kgちょっとだった
 乗り味も摩擦などの抵抗を極限まで減らした感じで非常にスムーズ 脚力そのままでタイヤを回してる感じだ
 しなって踏ん張るドマーネの味付けと違いほとんどcaad8と変わらないフレームの硬さは気になった ギャップや路面の悪い箇所を乗り越える時の振動がアルミよりややマイルドかなというくらいで疲労度にはほぼ影響しないだろう ロングライドを楽に走るならドマーネを選べということか
 普段ダンシングはめったにしないのにエモンダはなぜかダンシングしたくなる 信号からの0発進や峠の登りで気が付くと腰が浮いている 今夏から記録を付けていた峠のタイムを計ってみたら33分だったcaad8で32~35分といったタイムなので悪くはないのだが 乗り味的に30分切れると思っていたので複雑な心境である caad8の34-30でも苦しい区間もエモンダの34-28で問題なく登れた 車重の軽さでむしろエモンダのほうが楽なくらいだ
 こいつでがんばって後20kg痩せたいもんだ


12-17-2014 10:09 PM   
#19

防寒
 若い頃に比べて20kgもの肉襦袢を着こんでいるおかげで11月でも夏用ウェアで不満がなかったがさすがに12月は寒くなってきた
ショップ店員の勧めもありジャケットタイプの防寒ウェアとロングタイプのレーサーパンツを購入
 最高気温8度という寒風吹きすさぶ中サイクリングに出発
これが全然寒くない 100キロ以上走ると手とつま先が気になってくる程度で胴や脚は暖かいくらいだ
下は夏用ジャージ一枚なのに 防寒具ひとつとっても技術の進歩は凄いものである
峠の登りで腕にも汗をかいたのでアームカバーを着けたほうがいいだろう この冬はこれ一枚で乗り切れそうだ


12-17-2014 10:25 PM   
#20

ローラー導入
 冬は日が短く寒いので乗車時間がどうしても減る…というわけで固定ローラーを導入した
 早速2号車となったcaad8をセットし乗ってみる これがどうしたことかやたら汗をかく ダイエット目的なので平地無風30km/h想定の楽なペースで漕いでるのだが 始めて15分もすれば額や背中から汗がたれてきて30分もこぐと全身汗まみれである 峠の登りよりもしかしたら発汗量が多いのではないか 1時間を超えると大量にかいた汗が冷えてくる 背中が冷たくて着替えないととても続けられないほどだ
 短時間で大量の汗がかけて気分がいいので結構続けられそうだ 外で乗ると3時間程度では物足りないのにローラーの1時間は結構長く感じる 景色が流れるだけでこうも違うものなのか 個人的にローラーのお供には音楽や動画が必須と思う



返信を投稿する