「ラピュタの道」はこれからどこへ
12-19-2013 10:33 PM     

地方公共団体の12月定例会(議会)も大詰めです。
新聞報道でこんな記事を読みました。

■阿蘇市議会一般質問
「ラピュタの道」として近年人気の市道に多くの観光客が車を止めている。
市は「本来は地元市民のための農道、今後は駐車場整備など対策を考えたい」との回答。平成25年12月19日付け熊本日日新聞。

何回行っても絶景な「ラピュタの道」
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...&forum=124

駐車場ねえ…逆に観光客が倍増しそうな気もします。どうなんでしょう。
地域住民の迷惑になるような駐車がなくなるといいんですが。
スゴいいね! このメッセージを引用しながら返信する
10-28-2016 12:18 PM     

4月に発生した一連の熊本地震などで被害を受けたラピュタの道について、地元紙で報道されていました。

以下、熊本日日新聞の記事(平成28年10月25日付け朝刊一面)から。

・阿蘇市建設課によると、道路沿いで少なくとも31箇所の山腹崩壊や道路の亀裂を確認。
・被害が大きなところでは幅約50m、高さ約100mにわたって山肌が崩れた。
・概算では道路とのり面復旧工事だけで約80億円。山腹治山工事なども含めると総額100億円を超える見込み。

・本年度着工予定だった遊歩道と駐車場の整備事業も中断。
・市観光課は「要望が多ければ、安全確認の上で来年度をめどに展望スポットだけでも立ち入り可能にしたい」

http://news.goo.ne.jp/topstories/region/...286a0.html
スゴいいね! このメッセージを引用しながら返信する
10-29-2016 10:39 AM     

(10-28-2016 12:18 PM)kuma-miya- さんは次のように書きました:  4月に発生した一連の熊本地震などで被害を受けたラピュタの道について、地元紙で報道されていました。

以下、熊本日日新聞の記事(平成28年10月25日付け朝刊一面)から。

・阿蘇市建設課によると、道路沿いで少なくとも31箇所の山腹崩壊や道路の亀裂を確認。
・被害が大きなところでは幅約50m、高さ約100mにわたって山肌が崩れた。
・概算では道路とのり面復旧工事だけで約80億円。山腹治山工事なども含めると総額100億円を超える見込み。

・本年度着工予定だった遊歩道と駐車場の整備事業も中断。
・市観光課は「要望が多ければ、安全確認の上で来年度をめどに展望スポットだけでも立ち入り可能にしたい」

http://news.goo.ne.jp/topstories/region/...286a0.html

報道の映像で見た時も衝撃でしたが、被害が改めて具体的な数字となって現れてくるとその大きさに圧倒されてしまいますね…地元の人たちと自治体の苦衷に胸が痛みます。

ライフライン復旧の方が優先でこういった観光地の修復が後回しになってしまうのは仕方ないのでしょうけれど、"展望スポットだけでも立ち入れるように…"というくだりに地元経済の復興をブーストさせるためなんとかして人を呼び戻したい、けれども資金が調達できなくて手のつけようがない、という苦衷が滲んでますね。
スゴいいね! このメッセージを引用しながら返信する
10-29-2016 09:27 PM     

(10-29-2016 10:39 AM)numero_nero さんは次のように書きました:  
(10-28-2016 12:18 PM)kuma-miya- さんは次のように書きました:  4月に発生した一連の熊本地震などで被害を受けたラピュタの道について、地元紙で報道されていました。

以下、熊本日日新聞の記事(平成28年10月25日付け朝刊一面)から。

・阿蘇市建設課によると、道路沿いで少なくとも31箇所の山腹崩壊や道路の亀裂を確認。
・被害が大きなところでは幅約50m、高さ約100mにわたって山肌が崩れた。
・概算では道路とのり面復旧工事だけで約80億円。山腹治山工事なども含めると総額100億円を超える見込み。

・本年度着工予定だった遊歩道と駐車場の整備事業も中断。
・市観光課は「要望が多ければ、安全確認の上で来年度をめどに展望スポットだけでも立ち入り可能にしたい」

http://news.goo.ne.jp/topstories/region/...286a0.html

報道の映像で見た時も衝撃でしたが、被害が改めて具体的な数字となって現れてくるとその大きさに圧倒されてしまいますね…地元の人たちと自治体の苦衷に胸が痛みます。

ライフライン復旧の方が優先でこういった観光地の修復が後回しになってしまうのは仕方ないのでしょうけれど、"展望スポットだけでも立ち入れるように…"というくだりに地元経済の復興をブーストさせるためなんとかして人を呼び戻したい、けれども資金が調達できなくて手のつけようがない、という苦衷が滲んでますね。

あの辺りは数年前、クルマで回ったことがありますが、元通りにするのは今のご時世、なかなか大変なのですね。何とかならないものかと、思わざるを得ません。

一方で伊豆大島。2013年秋の台風で猛烈集中豪雨にさらされ、想像するに恐ろしい大規模土石流災害でズタズタに切り裂かれた御神火スカイラインが、集中的な土木工事で復​旧してしまいました。これはやっぱり、東京都の大島町である、というのが大きいのでしょうねぇ。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watc...14ff034d9d

毎年訪れるこの島で、私の良く知るご夫婦も、土石流で御宅もろとも流され、亡くなられています。また、お世話になっている民宿の復旧手伝いに何度か通ったのですが、それが​つい先日のことのような気がしていました。あの道路がまさかこんなに早く復旧するとは、驚くほかありません。
スゴいいね! このメッセージを引用しながら返信する