CBNレビューを語る統一スレッド
05-06-2017 01:16 PM   

(05-04-2017 10:57 AM)AKIRA さんは次のように書きました:  あなたのパーツ見せてください! : FTB QUARK
http://cbnanashi.net/cycle/modules/myalb...p?lid=1486

 フォークあたりはトラディショナルなのに、自転車の形になると色使いもあいまって 実にモダンでカッコイイですね。

ありがとうございます。

本当はストレートフォークにしたかったんですが、職人のこだわりに押されてベンドフォークになりました。当人としてはモダンスチールにしたかったので、そう見えたなら作戦​どおり!です。

baru (@barubaru24)
blog: 東京⇔大阪キャノンボール研究


sole, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
05-06-2017 08:53 PM   

SRAM Rival 1 Rear Derailleur
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...mpost25901

自分も同じような構成(X01DH10s/X01 11sにシマノスプロケとRFのN/W)です(クロスバイクとMTBですが)
本当にケージロックは便利ですね。チェーン切ったりミッシングリンク着脱の時も楽でした。

ちなみにRival 1 RDと重さほぼ同じのX01DH RD(ミディアムケージ)、当時CRCでお値段更に45%増しでした…今ならRival 1を選びます…
そもそもシマノが10sグリップシフトを出してくれればこんな事には


ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
05-20-2017 08:08 AM   

[ROAD] FTB QUARK (2017)
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...mpost26005

世界に一台しかない自転車の完成、おめでとうございます!!
いや~、うれしいですねぇ。

今回の経験で、baruさんは自分のフレームサイズの詳細がかなり判明したと思いますので、もし次回、オーダーされるときは、1mm単位で徹底的にこだわることが出来ると​思います。

今の世の中、良い自転車はたくさんありますが、自分のサイズに拘ることに重きを置くような人にとっては、ハンドメイドというのは本当に有り難い存在なんですよね。それが実​は、今の人には意外とわかってもらえなかったりします。

baruさんがハンドメイドで自転車を作られたことは、私にとってうれしい出来事です。


sole, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
05-20-2017 09:31 PM   

(05-20-2017 08:08 AM)守衛のおじさん さんは次のように書きました:  [ROAD] FTB QUARK (2017)
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...mpost26005

世界に一台しかない自転車の完成、おめでとうございます!!
いや~、うれしいですねぇ。

今回の経験で、baruさんは自分のフレームサイズの詳細がかなり判明したと思いますので、もし次回、オーダーされるときは、1mm単位で徹底的にこだわることが出来ると​思います。

ありがとうございます!

オーダーにあたって色々教えて頂き、ありがとうございました。おかげで納得の行くフレームが手に入りました。

本文にも書きましたが、実はジオメトリはほぼ完全にラピエールのフレームと同じなのですよね。ただ、ラピエールのホームページにあったジオメトリ表が間違っていたことには​オーダーをして初めて気付いたのですが。

どちらかと言うと、やはり同じイベントに思い入れがあり、そして、かつての王者にフレームを作ってもらった嬉しさが大きいですね。

baru (@barubaru24)
blog: 東京⇔大阪キャノンボール研究

ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
05-23-2017 06:42 PM   

[Cycling Courses] 基幹林道前日光線
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...mpost26029

な、なんとこの荒れ気味の道を全線走破するとは裏道マニアとしか言いようがありません!すごいですねぇ。。。
お疲れさまでした!!




ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
07-07-2017 01:20 AM   

リアホイールへのラジアル組の適用について
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...mpost26307

普段はROMしていますseasun1993といいます。よろしくお願いします。

最近初めて手組ホイールに挑戦したところで、GlennGouldさんのこのレビューを大変楽しく読ませていただきました。とはいっても、数式は読み飛ばして結論だけをつ​まんでいくような感じなのですが、理解に時間がかかるものでご容赦ください。

それで、最初に思ったのは、この「リアホイールへのラジアル組する」という仮定の話をどっかで読んだような気がする、ということです。

ホイールを組むにあたって、基本は「ロードバイクの科学」参照したのですが、どの組み方を選択したらよいのかよくわからないこともあり、いろいろなサイトを流し読みしまし​た。それで、すぐには思い出せなかったのですが、「サイクルショップはたの」さんのサイトでした。下記になります。
http://cs-hatano.hatenablog.com/entry/2013/03/18/182005

こちらのサイトでは、トルクを出すためには「ハブ変位αが簡単に10°を超えてしまう」ので、ホイールはすぐ壊れそうだ、という推定になっており、このαがGlennGo​uldさんの記事のφと同じだと読み取れました。はたのさんのサイトでは、スポーク張力の初期値、という設定がないので、これは張力0を前提としているように思います。そ​う考えるとGlennGouldさんのグラフの張力0の時のφが8~9°ぐらいなので、けっこう一致しているのかなと思いましたが、いかがでしょうか。

GlennGouldさんの計算では、スポークの初期テンションが1200Nの時にφが3°ぐらいになっています。また巡航時には「ハブ先回り角度の最大値はせいぜい2.​68度」と計算されています。φが3°程度になると、270mmほどのスポークが0.03mmほど伸びる必要があります。これが持つか持たないか、というのは素人的には「​実験しないとわかんない」という感じですね。暇がたくさんあったらチャレンジしてみたいです。

余談になりますが、リアの組み方の選定にあたってはGlennGouldさんのSHIMANO ULTEGRA FH-6800の記事も大変参考になりました。ありがとうございます。
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...mpost23488
あと「手組みホイールの横剛性と組みやすさに関する雑感」
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...0&forum=48
も読んでだいぶん迷いました。GlennGouldさんは決して「テンションを合わせるべし」とは言っていないのですが、なんとなくテンション合わせたい!という欲求に逆​らえず、最終的にはフリー側16H×6本組、反フリー側は8H×4本組みの位相ずらしにしました。反フリー側は8本間引いたタンジェント組です。
 組んだ後ずっと雨で乗っていないので、このホイールがいけてるのかどうか、まだわからないのですが、乗ってみて結果がよかったらレビューを書いてみようかと思っています。​


AKIRA, kazane, ManInside, numero_nero, 守衛のおじさん さんがこの投稿にいいね!しました
07-07-2017 02:34 PM   

スポーク自体わずかですが幅があるし、駆動トルクがかかってハブが回る→スポークがリムを引っ張る→リムが回る、までの間にハブとリムの回転速度の差異にスポーク自体の伸​びやらフランジ・ニップルが動く余地の分が加わってスポークに角度がつくため、即バラバラになるようなことはないかもしれない。少なくともスポークの引張強度が耐えられる​範囲内なら走れるかも…というお話と私は受け取りました(私はド文系なものでほぼ上澄み部分だけを掬いだしたに過ぎず、全然的外れでしたらすみません)。

ちょっと関連していると思うんですが、リムとスポークが同じで半面の編み方をラジアルにしたものとクロスさせたもの(ハブも違いますが)の2種を比較できる環境にあるので​感想を述べますと、中速コーナー以上の荷重がかかった時に横方向の剛性感にちょっと差が出てるかな?程度どまりでどちらかがあからさまに弱いように私には感じられません。​ですのでもしかしたら両面ラジアル組はやり方によってはあながち…と思わなくもないんですが、度胸がないのでビビッてしまって踏み出せませんw

ステンレススポーク24本の2:1パターンはFulcrumでも実績がある組み方なのでまず大丈夫だろうと思うのですが、レビューを心待ちにしております。


AKIRA, 守衛のおじさん, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
07-07-2017 08:12 PM   

(07-07-2017 01:20 AM)seasun1993 さんは次のように書きました:  リアホイールへのラジアル組の適用について
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...mpost26307

普段はROMしていますseasun1993といいます。よろしくお願いします。

最近初めて手組ホイールに挑戦したところで、GlennGouldさんのこのレビューを大変楽しく読ませていただきました。とはいっても、数式は読み飛ばして結論だけをつ​まんでいくような感じなのですが、理解に時間がかかるものでご容赦ください。

それで、最初に思ったのは、この「リアホイールへのラジアル組する」という仮定の話をどっかで読んだような気がする、ということです。

ホイールを組むにあたって、基本は「ロードバイクの科学」参照したのですが、どの組み方を選択したらよいのかよくわからないこともあり、いろいろなサイトを流し読みしまし​た。それで、すぐには思い出せなかったのですが、「サイクルショップはたの」さんのサイトでした。下記になります。
http://cs-hatano.hatenablog.com/entry/2013/03/18/182005

こちらのサイトでは、トルクを出すためには「ハブ変位αが簡単に10°を超えてしまう」ので、ホイールはすぐ壊れそうだ、という推定になっており、このαがGlennGo​uldさんの記事のφと同じだと読み取れました。はたのさんのサイトでは、スポーク張力の初期値、という設定がないので、これは張力0を前提としているように思います。そ​う考えるとGlennGouldさんのグラフの張力0の時のφが8~9°ぐらいなので、けっこう一致しているのかなと思いましたが、いかがでしょうか。

GlennGouldさんの計算では、スポークの初期テンションが1200Nの時にφが3°ぐらいになっています。また巡航時には「ハブ先回り角度の最大値はせいぜい2.​68度」と計算されています。φが3°程度になると、270mmほどのスポークが0.03mmほど伸びる必要があります。これが持つか持たないか、というのは素人的には「​実験しないとわかんない」という感じですね。暇がたくさんあったらチャレンジしてみたいです。

余談になりますが、リアの組み方の選定にあたってはGlennGouldさんのSHIMANO ULTEGRA FH-6800の記事も大変参考になりました。ありがとうございます。
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...mpost23488
あと「手組みホイールの横剛性と組みやすさに関する雑感」
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...0&forum=48
も読んでだいぶん迷いました。GlennGouldさんは決して「テンションを合わせるべし」とは言っていないのですが、なんとなくテンション合わせたい!という欲求に逆​らえず、最終的にはフリー側16H×6本組、反フリー側は8H×4本組みの位相ずらしにしました。反フリー側は8本間引いたタンジェント組です。
 組んだ後ずっと雨で乗っていないので、このホイールがいけてるのかどうか、まだわからないのですが、乗ってみて結果がよかったらレビューを書いてみようかと思っています。​

拙投稿を読んでいただきありがとうございます。
ああいう文章は一通り目を通すだけでもつらいものがあると思いますが、嬉しいです。

それにしても先達がいらっしゃるんですねぇ!
http://cs-hatano.hatenablog.com/entry/2013/03/18/182005

「サイクルショップはたの」さんは、ほとんど同じことを先にやっておられます。まあ、普通に楽しようとして考えると、まずはこの辺りから入るものなんだなあ、と腑に落ちて​しまった次第です。

イメージではなくちゃんと数値で考察することが出来て、しっかりした手組ホイールを作られている、こういったショップは応援したいですね。
しかもホームページに
> どんな自転車でも、どこで買った自転車でも面倒見ます!
> 地域の皆様が、安心して自転車生活を送れるようにがんばります。

とありました。こういう地域活動をしっかりこなして、裏ではマニアなことをやっているというのは、私が考える理想的な自転車屋さんです! こういう店なら少しくらい割高でも買います。


seasun1993さんがご紹介された先ほどのリンクに、「サイクルショップはたの」さんの計算結果の一覧表が載っています。
この一覧表で、一番左の列 『 α(°) 』 が10の場合に着目してみます。
α=10 の時、4列目の 『γ(°)』 は、γ=0.806 です。次に、スポーク先端で、リム接線方向にはたらく力が表の6行目の 『F(kgf)』 は F=0.972 となっています。この時のスポークテンション Fspoke は表にありませんが、次の式で簡単に計算できます。

Fspoke = F/sin(γ/180×円周率)

計算結果は

Fspoke = 69.10 kgf

となります。

一方で、私の計算で、スポーク長を300mmにして計算してみますと、同じくα=10degのところで

Fspoke = 68.98 kgf

となり、はたのさんの数値と、ほぼ一致しました。寝屋川の「サイクルショップはたの」さんの計算と一致して安心・・・

はたのさんの計算ではヤング率が示されていませんが、私とはたのさんの数値の微差は、このヤング率の設定値の差であると推測されます。


で、seasun1993ご指摘の通りで、上の計算では、ホイール組上がり時のスポークテンションがゼロです。この、組上がり時のスポークテンションに応じて、ホイールの​剛性が大きく変化するはずなのですが、どうなるのかなぁ~!?という期待半分です。

***

seasun1993さんの、32Hリム16/8組ホイールのレビューをお待ちしております!!

ところで、反フリー側が位相ずらし4本組ということですが、3本組も悪くはないかなと思います。4本組の方が伸びスポークがよりタンジェントな感じになって良好ですが、見​た目の平穏感は3本組だったりして??

下図は左が16/8の反フリー側3本組、右が4本組で、青系が反フリー側(これでいいのかな?)


AKIRA, numero_nero, ManInside, seasun1993 さんがこの投稿にいいね!しました
07-07-2017 08:24 PM   

(07-07-2017 02:34 PM)numero_nero さんは次のように書きました:  スポーク自体わずかですが幅があるし、駆動トルクがかかってハブが回る→スポークがリムを引っ張る→リムが回る、までの間にハブとリムの回転速度の差異にスポーク自体の伸​びやらフランジ・ニップルが動く余地の分が加わってスポークに角度がつくため、即バラバラになるようなことはないかもしれない。少なくともスポークの引張強度が耐えられる​範囲内なら走れるかも…というお話と私は受け取りました(私はド文系なものでほぼ上澄み部分だけを掬いだしたに過ぎず、全然的外れでしたらすみません)。

ちょっと関連していると思うんですが、リムとスポークが同じで半面の編み方をラジアルにしたものとクロスさせたもの(ハブも違いますが)の2種を比較できる環境にあるので​感想を述べますと、中速コーナー以上の荷重がかかった時に横方向の剛性感にちょっと差が出てるかな?程度どまりでどちらかがあからさまに弱いように私には感じられません。​ですのでもしかしたら両面ラジアル組はやり方によってはあながち…と思わなくもないんですが、度胸がないのでビビッてしまって踏み出せませんw

ステンレススポーク24本の2:1パターンはFulcrumでも実績がある組み方なのでまず大丈夫だろうと思うのですが、レビューを心待ちにしております。

読んでいただきどうもありがとうございます。
あの訳の分からん文章では、文系の方には申し訳ない限りですので、適宜、田原総一朗氏に登場いただきました。

>リムとスポークが同じで半面の編み方をラジアルにしたものとクロスさ
>せたもの(ハブも違いますが)の2種を比較できる環境にある

とは、さすがですねぇ。私なんか、偉そうなこといっておきながら、永遠のクラシックチューブラ32H6本組青年(笑)です。

サイスポの安井さんに実験してもらえたらな~と、密かに期待しています。。。


AKIRA, numero_nero, ManInside, seasun1993 さんがこの投稿にいいね!しました
07-07-2017 11:00 PM   

(07-07-2017 02:34 PM)numero_nero さんは次のように書きました:  ちょっと関連していると思うんですが、リムとスポークが同じで半面の編み方をラジアルにしたものとクロスさせたもの(ハブも違いますが)の2種を比較できる環境にあるので​感想を述べますと、中速コーナー以上の荷重がかかった時に横方向の剛性感にちょっと差が出てるかな?程度どまりでどちらかがあからさまに弱いように私には感じられません。​ですのでもしかしたら両面ラジアル組はやり方によってはあながち…と思わなくもないんですが、度胸がないのでビビッてしまって踏み出せませんw

ステンレススポーク24本の2:1パターンはFulcrumでも実績がある組み方なのでまず大丈夫だろうと思うのですが、レビューを心待ちにしております。

numero_nero さん、こんにちは。ホイール組みの実験をしてみるには理想的な環境ですね。うらやましいです。
今回ホイールを組んでみて、めっちゃ楽しいことがよくわかったので、いろいろ試したいなとは思っているのですが、肝心の人間の感度が大雑把でして、違いが分かるかどうか自​信がありません。笑。その点もうらやましい限りです。

24本の2:1パターンの場合、反フリー側がラジアルの場合がほとんどのようで、見た目のバランスもいいので、最初はそのように組もうと思っていました。しかし、いろいろ​と読んでいると、「24本2:1は使い物にならない」「テンションを合わせる必然性はないのに、スポーク間引くのはデメリットだけ」という意見も多く、それならば、折衷案​として、反フリー側もタンジェントで組んでみようと、試してみたものです。反フリーもタンジェントなら、トルクを受け持つスポークが24本になりますから。
もし使い物にならなかったら、反フリー側を16本4本組みに組み直す予定です。

(07-07-2017 08:12 PM)守衛のおじさん さんは次のように書きました:  とありました。こういう地域活動をしっかりこなして、裏ではマニアなことをやっているというのは、私が考える理想的な自転車屋さんです! こういう店なら少しくらい割高でも買います。

まったく、近くにないのが残念です。
はたのさんのサイトには、売り物にしている手組ホイールがいろいろあって、中には24Hのリムと32Hのハブで2:1で組んでいるものなどもありました。その時点で、反フ​リー側をラジアルにするか、タンジェントにするか迷っていましたが、はたのさんの前記の手組ホイールを見て、「これを売っても大丈夫なんだから」と、あまり見かけない反フ​リー間引きタンジェントにする決意が付きました。
http://cs-hatano.hatenablog.com/entry/2014/09/06/134208

(07-07-2017 08:12 PM)守衛のおじさん さんは次のように書きました:  で、seasun1993ご指摘の通りで、上の計算では、ホイール組上がり時のスポークテンションがゼロです。この、組上がり時のスポークテンションに応じて、ホイールの​剛性が大きく変化するはずなのですが、どうなるのかなぁ~!?という期待半分です。

そうですね。守衛のおじさんの投稿を見て、私も気になっています。
ところで、後半のラジアルリアホイールのばね効果の話ですが、実はよく理解できていません。これは守衛のおじさんとしては、ばね効果は期待できなさそう、という結論ですか​? ばね効果が期待できないと、ラジアルリアホイールは壊れやすそうなだけでメリットがあまりことになり、ちょっと寂しいですね。見た目のインパクトはすごいことになると思い​ますが。

(07-07-2017 08:12 PM)守衛のおじさん さんは次のように書きました:  ところで、反フリー側が位相ずらし4本組ということですが、3本組も悪くはないかなと思います。4本組の方が伸びスポークがよりタンジェントな感じになって良好ですが、見​た目の平穏感は3本組だったりして??

下図は左が16/8の反フリー側3本組、右が4本組で、青系が反フリー側(これでいいのかな?)

素晴らしい図をありがとうございます。よくわかります。こんな図を描きたかったんですが、パワーポイントではちょっと難しかったんで、のむラボさんがよく使っている簡易図​で設計していました。

それで「反フリー側が位相ずらし4本組」というのは、守衛のおじさんの言うところの3本組み、上の図です。簡易図で行くとこんな感じです。



本来の4本組みだと下の簡易図の実線のようになります。これが多分守衛のおじさんの下の図と同じになると思いますが、これだと反フリー側のハブからスポークが2本出て2本​間引いて、となるので、1本おきに間引くことができるように、位置を矢印方向にずらして点線に移動したものが上図になります。3本組みと言われると、なるほどと言う感じで​すね。スポークの長さが4本組みと同じになるので、4本組みの位相ずらし、と表現してみました。



ホイールは先週末に組みあがりましたが、今週1週間ずーーっと雨でして、お預けを食っています。早く乗ってみたいものですね。



AKIRA, numero_nero, ManInside, 守衛のおじさん さんがこの投稿にいいね!しました
返信を投稿する