CBN 7月の月間賞(フォトコン)結果発表
08-03-2017 05:54 PM   
#1

皆様お待たせいたしました。7月の月間賞「フォトコンテスト in 愛車自慢コーナー」の審査結果を発表いたします。審査は僭越ながら私が担当させていただきました。

それでは発表、行きます!

グランプリ(1名)


Litespeed Blade 2002 - flareさん
http://forums.cbnanashi.net/showthread.php?tid=1062
OLYPUS E-M10 MarkII Panasonic 25mm F1.7
f/1.7 1/125 25 mm ISO 200

flareさんのこの作品は今回投稿された写真の中で頭一つ、いや二つ三つ抜けているように感じました。まだ完全に明け切らない空。早朝の駐車場に息を潜めるかのように待​機するこのバイクはこれから始まるレースを予感させてくれます。駐車場にある他のクルマも、実際はどうなのかは知りませんが他のレース参戦者のものであるように私には見え​ます。この静かな空気の中で、来るべきレースに備えて気持ちを高めているファインダーの手前のflareさんの気持ちを勝手に妄想したくなる、良い写真です。

駐車場のクルマや人影のボケ方はマイクロフォーサーズならではの浅すぎない被写界深度が功を奏しており、APS-C以上の大型センサーで何気なく同じF1.7開放で撮っていたらもっとボケてしまっていたはずで、その場合は駐車場がボケすぎてレースを前にしたこの緊張感は出ていなかっ​たと思います。単に自転車だけを綺麗に撮りたい人にとってこの背景はややノイジーかもしれないのですが、むしろこのノイズが「これから暑く忙しくなる一日」を予感させてく​れます。

なおレンズの絞り開放時に発生しがちなパープルフリンジと呼ばれる収差も、青を基調としたこの写真にポジティブな効果を与えているように思います。撮影者の気持ち、撮影ス​ポット、使用機材の特性、それら全てが適切に結びついてこの一枚になったと思います。こういう写真は、撮れても年に数枚といったレベルではないでしょうか。私なら大伸ばし​して額に入れて部屋に飾りたい、そんなレベルの一枚です。

というわけで今回のフォトコン、グランプリはflareさんに贈らせていただきます。副賞はamazonギフト券5000円分を差し上げます。


佳作(5名、順不同)

7月のフォトコンは思っていた以上に参加数が多く、優秀作品が多数ありました。多くの方に小さい賞をたくさん差し上げたいとも思ったのですが、今回は「もらって嬉しい副賞​・一人あたりの副賞は多め!」というコンセプトで臨むことにしていたので、グランプリ以外は佳作を5作品選ぶのみに留めさせていただきました。次の5作品の投稿者の皆様に​はそれぞれamazonギフト券1000円分を差し上げます。それでは発表します。



TESTACH CONSICE - Grahamさん
http://forums.cbnanashi.net/showthread.php?tid=1043
SONY α7Ⅱ Pentax 50mmF4MACRO

Grahamさんのこのクロモリロードの写真は、グランプリを受賞したflareさんの作品同様、「時間」が封じ込められている印象を受けました。ヘッドパーツとフォーク​回りのかすかな塗装剥げがツーリング用クロモリバイクの魅力を伝えてくる感じです。これが「完璧な塗装の新品同様フレーム」だとしたらこの写真はもっと普通の感じになって​いたと思います。

乗られてきた自転車、あるいはこれからももっと乗られるであろう自転車。そんな感じがするのが良いのです。撮影機材的にはフルサイズセンサーの余裕のあるボケがいい感じの​仕事をしていますが、極端にボケすぎていないのも良いです。暖色系のホワイトバランスもノスタルジックさを醸し出していて、見る人に「旅」を思わせるのではないでしょうか​。



DAHON Impulse i7 - kane_motoさん
http://forums.cbnanashi.net/showthread.php?tid=1080
Casio EXILIM EX-ZR10
f/3.0 1s ISO400 5mm

kane_motoさんのこの写真は、「この場所でこのように撮りたい」という明確な撮影意図があったのではないかと思わせます。シャッタースピード1秒であることを考え​ると三脚もしくは何かにカメラを置いてタイマーレリーズ、といった撮影方法でしょうか。写真を撮り慣れている方の作品であるようにお見受けしました。これ以上明るすぎても​暗すぎてもいけない絶妙な露出加減で、コンデジながらダイナミックレンジが広い(グラデーション豊かな)一枚。水面に自転車の鏡像が写っているところなども良い感じです。​計画的な犯行です(笑)



GIANT FIXER R 2012 マルチカラー - LZPT2IBさん
http://forums.cbnanashi.net/showthread.php?tid=1079
NIKON COOLPIX S3700
ISO 80,4.5mm,f/3.7,1/640

LZPT2IBさんのこの写真、今回エントリーされた中ではある意味最も異色の作品だったかもしれません。抽象性が非常に高い独特の作風で、非現実的・非日常的な印象を受​ける不思議な一枚です。例えばカタログ写真なども抽象性が高いものではありますが、実際に乗りまくっている愛車をカタログ的手法で撮ってみたらこんな不思議な質感になった​、という感じでしょうか。何か現代美術家によるメタ写真のように感じます。

背景の壁の模様、構図内の自転車の大きさ、どれもいい感じです。もしタイヤのバルブ位置が揃っていたとしたら、「カタログ感」のほうが勝ってしまったかもしれません。LZ​さんの新しい才能を見た、という感じの写真でした。他の誰の写真にも似ていません。これも壁に飾りたくなるような写真ですね。



RIDLEY FENIX SL (7月フォトコン) - canzana7さん
http://forums.cbnanashi.net/showthread.php?tid=1071
OLYMPUS TG-620,
Auto, f/18,1/200 ISO200

canzana7さんのこの作品(他の作品もそうでしたが)から伝わってくるのは、とにかく写真においては「光線が命」ということ。コンデジでもスマホでもライティングが​良好ならとても良い写真に仕上がります。この写真はコンデジでの撮影で、何らかの理由でこの写真自体の解像度も高くはないのですが(デジタルズームかトリミングか画像圧縮​のせいかは不明ですが)、最高に良い光線が良い写真にしてくれているように感じます。

そして構図。雪を抱いた立山連峰を前に、大型サドルバッグのロード。これからあの山を目指すんだ、という感じがするじゃないですか(実際はあの山に行かなくともw)。物語​性を感じる写真です。これはもしオリジナルの写真が大きいサイズでお手元にあるようでしたら、引き伸ばしプリントして壁に飾ってみるのも良いのではないでしょうか。山の下​に家々の屋根などがたくさん写っていて、人によってはそれをノイジーな細部と受け取るかもしれないのですが、私にはむしろ孤高の立山連峰から遠く離れた日常との良い対比の​ように見えます。聖なる山と俗なる下界、といった感じでしょうか。バーテープの赤色も画面の中で良い仕事をしています。



ARAYA MUDDY FOX 650B 2015 & 2016 - wartoriさん
http://forums.cbnanashi.net/showthread.php?tid=1040
SONY RX100
f/5 1/100  28.5 mm  ISO 125

wartoriさんのこの一枚、良い写真です。wartoriさんのこの日のライドが実際どのようなものだったかはわかりませんが、私は一人でMTB遊びをする時の不思議​な「孤独感」を思い出しました。良い意味での「孤独」です。ちょっと寂しい感じもするけれど、独りで自由。曇り空がその孤独感を強調しています。こういう天気がぱっとしな​い日の写真というのはつまらないものになりがちですが、この写真はダークな空を味方にしている感じです。

被写界深度も絶妙な選択で、後ろの鉄塔のボケ加減が、浅すぎず深すぎずで良い仕事をしています。手前の葉っぱや草の質感も良いですね。そしてクロモリフレームの艶。このト​ップチューブの艶が写真全体を大きく引き締めている感じがします。存分にダートを駆け巡って、心地よく疲れた。さあ、そろそろ帰ろうか。そんな感じがする一枚です。眺めて​いると心が澄んでくるようです。


総評

今回選考させていただいて気づきましたが、どれも自転車雑誌に乗りそうな写真ではない、と思いました。そして、それが良い、と思いました。

あとflareさんとLZPT2IBさんは大変有名なCBNスーパーレビュワーさんでもあります。flareさんはさらに各種レースで好成績を収めている方でもあります。​ある方面で大きい才能を発揮されている方は、他の分野でも才能を発揮するのではないか、と思いました。確固たる美意識とか、俺はこのレースに勝つとか、そういう強い意識が​ある人は文章や写真といった表現領域でも強かったりするのかもしれないですね。

以上、7月の月間賞でした。今回惜しくも受賞されなかった皆様も、投稿ありがとうございました。今月もCBN本館とこのフォーラムで月間賞を実施しています。皆様のご参加​お待ちしております!

※副賞のamazonギフト券は既に登録済みメールアドレスに発送させていただきました。不着の場合は再送いたしますのでお気軽にお知らせ下さい。

【お知らせ】

CBNの各種イベント・サーバーインフラには広告収益が充当されております。今後も豪華副賞付きの面白いイベントを継続できるよう、読者の皆様におかれましてはamazo​n, Bellati Sport, Wiggle, CRC等でのお買い物の際、CBN本館やフォーラム掲載のショップリンクからお店を訪問していただけると大変助かります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。



jifu, wartori, numero_nero, 守衛のおじさん, 333, canzana7 さんがこの投稿にいいね!しました
08-03-2017 09:05 PM   
#2

フォトコン佳作、副賞ありがとうございます。

>この写真はコンデジでの撮影で、何らかの理由でこの写真自体の解像度も高くはないのですが(デジタルズームかトリミングか画像圧縮​のせいかは不明ですが)
元の解像度は3968 x 2976です。ファイルサイズが大きいので圧縮しました。

8月もどこか遠くへ走りにいけるといいのですが、今のところ予定は未定・・・
なにか物語を書けるといいのですが。


numero_nero, 333, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
08-03-2017 10:22 PM   
#3

(08-03-2017 05:54 PM)ManInside さんは次のように書きました:  flareさんのこの作品は今回投稿された写真の中で頭一つ、いや二つ三つ抜けているように感じました。まだ完全に明け切らない空。早朝の駐車場に息を潜めるかのように待​機するこのバイクはこれから始まるレースを予感させてくれます。駐車場にある他のクルマも、実際はどうなのかは知りませんが他のレース参戦者のものであるように私には見え​ます。この静かな空気の中で、来るべきレースに備えて気持ちを高めているファインダーの手前のflareさんの気持ちを勝手に妄想したくなる、良い写真です。

なおレンズの絞り開放時に発生しがちなパープルフリンジと呼ばれる収差も、青を貴重としたこの写真にポジティブな効果を与えているように思います。撮影者の気持ち、撮影ス​ポット、使用機材の特性、それら全てが適切に結びついてこの一枚になったと思います。こういう写真は、撮れても年に数枚といったレベルではないでしょうか。私なら大伸ばし​して額に入れて部屋に飾りたい、そんなレベルの一枚です。

まさかグランプリをいただけるとは。ありがとうございます。
カメラは趣味というほどのものでもなく、知人の影響でなんとなく買って、旅行に行った時に撮る程度です。

立派な講評を頂いて恐縮ですが、こんな感じかな、まだ暗いのでブレないよう絞り開放かなぁ、と半ば感覚で撮った、無意識というか偶然の産物です。でも結果的に、その時感じ​た空気を効果的に切り取れたのなら成功だったのでしょう。
このカメラは手ぶれ補正が強力なので、今撮り直すならきっと1~2段絞ると思います。そうであればまた違った作品になっていたでしょうね。

ところで、言われて初めて気づくパープルフリンジ。結構盛大に出てますねw


numero_nero, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
08-04-2017 02:02 AM   
#4

フォトコンの佳作ありがとうございます!

カメラのことは全然わからないので、自分の写真が選ばれてびっくりしています。
しかも、こんなにお褒めの言葉をいただきとてもうれしいです。

先月は、フォトコンのおかげで、いつもより写真撮影を楽しむことができました。
ただ、いつもの壁の前ではうまく撮れるのですが、他の場所ではまだうまく撮れませんね〜
これからは積極的にカメラを持って走りに行きます。

今月のイベントも楽しもうと思います。
また、レビューのネタもいくつかあるので、久しぶりに投稿します。


ManInside, numero_nero さんがこの投稿にいいね!しました
08-04-2017 06:21 PM   
#5

フォトコンの佳作と副賞、ありがとうございます。
自分でもお気に入りの写真だったので嬉しいです。

そしてなによりマスターの感性の鋭さがすごい。
まさに山にひとりの孤独感を存分に楽しんでいる最中の一枚だったので、当時の状況、心境をピタリと言い当てられてしまいました。


そして、あろうことか先スレの勢いで一眼レフをIYHしてしまったので、これからは自転車と写真の双沼を存分に楽しんでみようと思います。
嗚呼恐ろしや…笑



numero_nero, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
08-04-2017 10:09 PM   
#6

もちろん自分でもなかなか良く撮れたと思ったのでフォトコンテストに投稿したのですが、まさか佳作に選んでいただけるとは!とてもうれしいです。ありがとうございます。

この写真は「今夜は月がきれいらしいからダホンのシルエットの後ろに湖面キラキラの写真が撮れたら良いなー」くらいのつもりで、会社帰りにこの場所に立ち寄って撮ったもの​です。ご推察の通りミニミニ三脚と手振れを防ぐためにセルフタイマーを使いました。

カシオEX-ZR10にはシャッタースピード優先みたいなモードが無く、どうしたら良い感じの写真が撮れるのか、ISO感度とか露出補正とかを色々いじりながら、構図も色々変えながら​、この場所に少なくとも30分以上留まって40枚以上の写真を撮ったうちの一枚で、全く偶然の産物です。写真を撮るのは好きですが、写真が趣味などとはおこがましくて言え​ません(これは決して謙遜ではありません)。カメラもコンデジしか持っていませんし。

その後ニコンS9900を買った際、このカメラならシャッタースピード優先AEが使えるし、もっと良い写真が撮れるに違いない!と思い、月のきれいな夜に同じような構図で​何度か撮ってみたのですが、残念ながらこれまでにこの写真を超えるものは撮れていません。

湖面に写る車体とかテールライトとか、桟橋に落ちる影も、意図したものではなかったのですが、良い感じですよねー(自画自賛)。


numero_nero, tukemonosan, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
08-05-2017 07:25 AM   
#7

フォトコン佳作と副賞ありがとうございます。

まさか自分が...とは思ってもいなかったです。
適当にパシャっと撮っただけなので申し訳ない感じもしますが、選んでいただいてうれしいです。
ちなみに、ピントはエンドキャップに合わせてます。


numero_nero, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
08-07-2017 07:35 PM   
#8

(08-03-2017 09:05 PM)canzana7 さんは次のように書きました:  フォトコン佳作、副賞ありがとうございます。

>この写真はコンデジでの撮影で、何らかの理由でこの写真自体の解像度も高くはないのですが(デジタルズームかトリミングか画像圧縮​のせいかは不明ですが)
元の解像度は3968 x 2976です。ファイルサイズが大きいので圧縮しました。

8月もどこか遠くへ走りにいけるといいのですが、今のところ予定は未定・・・
なにか物語を書けるといいのですが。

今月もご参加お待ちしております!
私の周囲でもcanzana7さんの写真、評判でした。特に色がいいね、という声が多かったです。


08-07-2017 07:38 PM   
#9

(08-03-2017 10:22 PM)flare さんは次のように書きました:  立派な講評を頂いて恐縮ですが、こんな感じかな、まだ暗いのでブレないよう絞り開放かなぁ、と半ば感覚で撮った、無意識というか偶然の産物です。でも結果的に、その時感じ​た空気を効果的に切り取れたのなら成功だったのでしょう。
このカメラは手ぶれ補正が強力なので、今撮り直すならきっと1~2段絞ると思います。そうであればまた違った作品になっていたでしょうね。

写真の才能はとにかく「その時間にその場にいてシャッターを切ったこと」が大きいと思うので、偶然の産物でも才能と呼んでいいと思います!大成功じゃないでしょうか。20​0枚撮ってもこういう成功写真が1枚も残っていない場合もあるでしょうし。

1〜2段絞ったら確かにまた違った雰囲気になったでしょうね。E-M10IIは5軸手ブレ補正でしたね。1/50以下でも楽勝ですね。

宜しければ今月も是非ご参加下さい!


08-07-2017 07:41 PM   
#10

(08-04-2017 02:02 AM)LZPT2IB さんは次のように書きました:  フォトコンの佳作ありがとうございます!

カメラのことは全然わからないので、自分の写真が選ばれてびっくりしています。
しかも、こんなにお褒めの言葉をいただきとてもうれしいです。

先月は、フォトコンのおかげで、いつもより写真撮影を楽しむことができました。
ただ、いつもの壁の前ではうまく撮れるのですが、他の場所ではまだうまく撮れませんね〜
これからは積極的にカメラを持って走りに行きます。

今月のイベントも楽しもうと思います。
また、レビューのネタもいくつかあるので、久しぶりに投稿します。

LZさんには確固とした美意識があるので、写真のようなビジュアル表現もすごいな〜とビックリしました。でも今までとはちょっと違った写真ですね。私の周囲でもこの写真好​評でした。

今月のイベントも楽しみにしております。



返信を投稿する