SHIMANO FD-5801-F
06-13-2017 10:58 PM   
#1

発売されたばかりのFD-5801を手に入れました。
まさかフロントディレイラーだけマイナーチェンジして、ULTEGRA R8000シリーズと同時に発表されるとは驚きです。
ショップに取り寄せをお願いしたら、すぐに入荷したので取りに行ってきました。

レバーの操作の軽さやスムーズさはFD-5800でも特に問題ないんですが、これを実現するためにはシビアな微調整が必要でした。FD-5801には操作性よりもむしろ調整のたやすさを期待しています。

まだ手に取って観察しているだけですが、従来のフロントディレイラーよりも可動部が多くて、実際にどう動くかが全然想像できません。早ければ明日取り付けて、調整の難易度​や操作性をチェックしたらまた投稿しますね。今から楽しみです。










numero_nero, AKIRA, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
06-14-2017 12:27 AM   
#2

この赤いテープを剥がす時、私結構ドキドキします。


LZPT2IB さんがこの投稿にいいね!しました
06-14-2017 10:54 AM   
#3

(06-14-2017 12:27 AM)ManInside さんは次のように書きました:  この赤いテープを剥がす時、私結構ドキドキします。

そんなFD調整の面倒臭さでお悩みの方の為に、こんな便利な道具があります。

http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...mpost22780

チェーンをインナーへ落として、アウターの歯へ乗っけFDのケージ外側とツールに描かれたラインの平行を見つつケージの下端がツールに軽く乗っかるように誘導してクランプ​ボルトを締め直すだけ。済んだらアウターとインナーのリミットスクリューの設定を追い込めば完璧な精度が出せます。

FDのケージとアウター歯先のクリアランスは全メーカーで10・11速ともに2mm前後なので、SRAMでもShimanoでも問題なく使えます。


canzana7, ReClimber, LZPT2IB, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
06-14-2017 11:10 AM   
#4

これは懐かしいレビュー、ありがとうございます!


06-16-2017 12:29 AM   
#5

FD-5801を昨日取り付けて、さっきまで変速調整していました。

「動作はスムーズだが、メインレバーの操作が重い」っていうのが第一印象です。
従来のフロントディレイラーと構造が異なるということもあって、なかなかうまくいきません。

トップ側もロー側も調整範囲は、FD-5800よりも大きくなっています。アウターギアからインナーギアの変速も素早くなりました。ただ、マニュアルどおりに調整すると、インナーギアからアウターギアに変速す​る際に、メインレバーの操作が重くなってしまいます。

試しにケーブルを緩めてみたところ、アウターギアに変速しにくくなるだけで、レバーの操作は重ためでした。どうも、ケーブルの張りの強さが原因ではなく、FD-5800よりもスプリングテンションが高めに出来ていることが影響しているみたいです。

FD-5801にはケーブルの張りの目安になる”インジケーター”が付いていて、微調整はインジケーターではなく、トップ側調整ボルトとロー側調整ボルトで行います。トップ側調​整ボルトを緩める、もしくは、ロー側調整ボルトを締めれば、レバーの操作はわずかに軽くなるんですが、それでも十分ではありません。

やれることは限られてますし、うーん、どうしたものか…
他に何かできることはないか、またいろいろといじってみます。




06-16-2017 12:52 AM   
#6

(06-14-2017 10:54 AM)numero_nero さんは次のように書きました:  
(06-14-2017 12:27 AM)ManInside さんは次のように書きました:  この赤いテープを剥がす時、私結構ドキドキします。

そんなFD調整の面倒臭さでお悩みの方の為に、こんな便利な道具があります。

http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb...mpost22780

チェーンをインナーへ落として、アウターの歯へ乗っけFDのケージ外側とツールに描かれたラインの平行を見つつケージの下端がツールに軽く乗っかるように誘導してクランプ​ボルトを締め直すだけ。済んだらアウターとインナーのリミットスクリューの設定を追い込めば完璧な精度が出せます。

FDのケージとアウター歯先のクリアランスは全メーカーで10・11速ともに2mm前後なので、SRAMでもShimanoでも問題なく使えます。

今回、赤いシールが内側に曲がっていて、シールのイラスト通りに取り付けたつもりが、クリアランスにしたつもりがちょっと大きくなってたので、取り付け直しました。今回の​作業でもこういうツールがあればよかったです。


ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
06-17-2017 10:30 PM   
#7

今日、FD-5801の変速調整を試してみたら、ほぼ一発でうまくいきました。
念のため、ケーブルの固定と変速調整を2回やってみましたが、2回とも成功しました。

レバーの操作が重すぎて手の皮を擦りむいたり、起床すると手がものすごく疲れてたりしたので、何かおかしいとは思っていたのですが、やはりディレイラー本体以外のところに​原因がありました。どうも、ケーブルのどこかで引っかかりが生じていたようです。シマノに電話してみたら、ディレイラー以外に原因があるのでは?と言われたのですが、その​通りでした。

さて、肝心のFD-5801の変速性能は実に素晴らしいです! インナーからアウターへのシフトアップがとても軽くて、昨日までの失敗がウソみたいです。シフトアップでチェーンがスチャッとスムーズにかかるのも気持ちがいいですね。ア​ウターからインナーにチェーンが落ちるのも早いです。アウタートップでのチェーンとチェーンガイド外プレートとのクリアランスも広いので音鳴りもしません。

FD-5800で同様の軽い操作感を出そうとすると、ケーブルアジャスターやトップ側調整ボルトを緩めるといった裏技みたいな調整が必要でした。しかも、アウタートップ側でチェ​ーンとチェーンガイド外プレートが擦れやすく、チェーンがガチャガチャと音を立ててアウターギアに乗りにくくなることもありました。軽い操作感を優先すると、大なり小なり​何かを犠牲にする必要がありました。

その点、FD-5801は何も犠牲にせずに軽い操作感を実現しています。しかも、変速調整がものすごくかんたんです。これはFD-5801にインジケーターが搭載されたことが大きいです。ケーブルの張りを気にする必要がないので、トップ側とロー側の調整ボルトをいじるだけで済みます。新型のフロント​ディレリアーになって、ケーブルルートの判定ツールを使う必要もないですし、組み付けと変速調整の難易度は相当下がったという印象を受けました。

軽い操作感、確実な変速動作、かんたんな変速調整... これならFD-5801をオススメできそうです。
もう少しでFD-5801に見切りをつけて、FD-5800に戻すとことでした。危なかった...


AKIRA, canzana7, ManInside さんがこの投稿にいいね!しました
返信を投稿する